面倒な名刺入力やテキスト化作業を1枚18円で業界最安値挑戦中!

電話お問い合わせ お問い合わせフォーム

名刺データをビジネス向けに管理するために

名刺データを作成するためには、アプリケーションを使用して管理をしたりまたは「ソフトを使用して名刺管理」を行うことが出来ます。今回は名刺管理を可能としたアプリケーションやソフトについて紹介したいと思います。

 

Hureco

名刺データを作成する際に便利なHurecoは名刺の交換から情報管理を可能としたアプリケーションです。名刺データを管理するだけでなく各ビジネスで応用が可能で、用途によって使い分けをすることが出来ます。

h2もらった名刺を一括で管理

ビジネス上でもらった「名刺を一括管理することができるアプリケーション」は携帯でそのまま名刺を撮影して「保管し管理」をすることが容易となります。名刺情報を正確に把握することができ無料で利用可能なアプリもあります。

名刺管理は各種のコンタクトや営業にかかせません。またサラリーマンの方は、外出をする機会が多いサラリーマンの方にもおすすめできます。

 

マーケティングで活かすためにも、名刺管理は非常に重要です。「マーケティングでは各、顧客に向けて広告やイベントを開催」してより集客に向けた効果的な宣伝を行います。そのため付き合いのある業者やお得意さんとのやりとりは書かせません。祖のためマーケティングにはより名刺管理ができるようなツールやアプリケーションの需要があります。

名刺管理やコンタクトを管理するためにアプリを使用すればより迅速な名刺交換が可能となり無駄に対面する必要もありません。

 

名刺を管理して活かすことができると

名刺を管理して活かすことができれば各種のコンタクトが容易となります。簡単にコンタクトを取ることができるようになり、結果的に「営業の成績が上がったり作業時間を短縮」することが出来たりとビジネスでは良い影響があります。

整理しておけばいつでも必要な連絡先をピックアップすることが出来、より有意義なビジネスに繋がります。

 

名刺入力の細かい情報について

名刺を作る際には「会社名、氏名。郵便番号から連絡先のEMAILアドレス」はマストで必要です。細かい入力についてはハイフンの有無等記載する際には注意が必要です。

郵便番号や電話番号にはハイフンを付けて、また海外向けの名刺ならば英語表記となり更には国際電話番号を付帯する必要があります。

名刺入力に慣れていないと自分で名刺をまとめても時間がかかるケースも少なくありません。

専門の業者に依頼して置くと更に簡潔に名刺データを作成したり管理したりすることが可能です。

 

名刺のデジタル化について

名刺のデジタル化によってすべての業務を効率化することが可能となります。「名刺データをデジタル化」することで持っていてもかさばらない、またはデジタルで名刺の内容をすべて確認することができるなど多くのメリットがあります。名刺のデジタル化のメリットは「持ち運びが容易になるばかりでなく、デジタル素材としてビジネスに活かす」ことが出来ます。本来のメリットは作業を合理的にまとめてビジネスでも活かせるようになります。

 

Airz Link エアーズリンク – Myカード交換アプリ

QRコードの読み込みによって名刺交換を行うことが可能なアプリとなります。ビジネス上での情報交換が可能となり、自己紹介を簡単に行うことが可能となります。

QRを読み込みするだけで「遠方の人とも名刺交換」を行うことが出来、作成したらそのまま相手に送信することが可能です。

名刺交換でつながった人は全員、一覧に表示され、その他のサイトにもジャンプをすることが可能となっています。

 

名刺データをEXCELで一括管理

ご本人で名刺データを簡単にパソコン上で管理するならばEXCELが最もおすすめできます。ただし「名刺への入力は本人が手で入力するので時間や労力」はかかりますが、以降顧客データとして営業などで活用することができるのは言うまでもありません。

基本的にEXCELは「WORDとは異なり、各カテゴリごとにデータを作成する」ことができるばかりでなく、その他にも表やグラフなどを作成することが出来ます。名刺データを入力して管理するには最適なソフトです。

しかし時間のない人にはやはり業者に依頼することをおすすめします。

 

名刺入力代行業者について

名刺入力を専門とする代行業者は、ミスなくデータを変換することが出来、非常に便利です。「名刺作成作業代行を依頼」することで、アルバイトの人や、労務コストをかけたくない方にもおすすめできます。

人手不足で作業をスタッフがやりたくないような中小企業にもおすすめできます。しっかりとしたデータで活用できまたは管理しやすい見やすいデータにすることが可能です。

 

時間のない方、またはスタッフの数が少ない事務所など

スタッフが毎日の業務に追われていて名刺を入力する時間がない場合にも入力専門の業者に依頼をすると便利です。「名刺を作成するにあたりすべておまかせ」も可能で「テンプレートから書体、フォント」などをすべて業者に任せることも出来ます。

 

新たに名刺を作る際にはテンプレート選びから、業者に希望や印象」を伝えるだけで簡単に製作可能です。

個人情報が書かれた名刺を管理する際には安全面でも気になりますね、特にデータの流出などは避けたいところです。

そんなときにはまず「無料の名刺管理アプリ・ソフト」でなく有料の管理ソフトやアプリケーションが良いかもしれません、特に提供先がしっかりしていて大手の企業などならば更に、利用していても安全です。

 

名刺管理のセキュリティ対策について

名刺管理を行う際には十分な管理が長期的にできるように配慮したいところです。

そのため「個人情報の保護は必須、名刺情報」が流出すると会社や、個人の会社での信頼が失われる可能性があります。

そのため「名刺管理アプリ・ソフト」のセキュリティを確認しなければなりません。

特に無料で使用することが可能な名刺管理アプリ・ソフトは無料で使用可能なものが多いのですが、セキュリティ対策が心配な方はやはり有料版を使用することをおすすめします。

名刺データは大切な会社のデータです。そのため使用するにあたり脆弱性が高いアプリケーションはやはり極力避けたいところです。

 

SNSとの連携を重要視

無料で使用可能な名刺管理専用アプリケーションはFacebookなど「SNSと連携も容易に行うことが出来、データの運用」において活用しやすいのも大きなメリットです。プライベートな情報などが含まれていても個人間でのやり取りは十分に可能です。データの取り扱いは簡単、簡潔に済ませることが出来ます。

SNS上でもビジネスと連携させて活用することも出来、作成した名刺データの運用も非常に簡単に行うことが可能です。

 

手軽に名刺管理が可能となり、管理していればよりビジネスにも活かすことが出来ます。さらには「名刺管理アプリを導入することで大切な書類管理」にもいざと言うときに仕様することができるのでアプリケーションでも常にモバイルにダウンロードしていると便利です。

 

AIの機能が標準装備したアプリケーション

手入力を必要としない管理システムは非常に使いやすく時間をかけずに管理に徹することが可能です。

名刺管理において「管理していてもすぐに登録した名刺情報」へアクセスすることが可能となりよりビジネスに特化してそのままデータを転送することができるメッセージ機能などもあります。

そのため非常に充実した利用が可能となりより正確な情報を保持することが可能です。


おすすめの機能は名刺を撮るだけでデータ化でき他にも近況情報の通知が可能なアプリケーションもありますのでビジネス上では柔軟性があります。
名刺情報への観覧も常に可能なばかりでなく後に情報を追加したいときにも役に立ちます。パソコンからも使用可能することが出来、使いやすさとその利用価値は非常に高くビジネスでもより率先的に生かしていくことが可能です。

特に世界的にも利用者が多いWantedly Peopleは、スキャンした名刺データからそのまま「目的の相手を探しコンタクトをとる」ことが出来ます。使いやすく柔軟にデータの転送が可能となるので情報をより活用しているお仕事におすすめです。

 

名刺情報は人工知能によって処理され,セキュリティもしっかり守られているアプリケーションやソフトならば一度インストールして長期的に安全に使用することが出来ます。できれば複数回の撮影で10枚複数枚撮影することができ、非常に充実しています。


多くの企業で導入されている「CAMCARDは使いやすく、効率的にデータを作成」することが出来ます。全社員で名刺情報を共有することができると同時にマルチデバイスであること、メルマガ配信機能もついているなど多機能なアプリケーションも存在します。

 

名刺レイアウトの重要性

名刺のレイアウトでは、「常に相手にも見やすく相手の印象」に残るようなデザインやフォントが求められます。レイアウトはアプリケーションやソフトにも付帯していますがもちろんオリジナルで作成することも可能です。

 

シンプルなレイアウトならば簡単に作成できよりビジネス的な名刺は白の名刺となります。より清潔感があり多くのビジネスマンが白を好みますが業種によってはよりデザイン性が高い名刺が好まれます。

 

テンプレートはイメージに合うパターンを見つけましょう

テンプレートをベースに文字の位置、文字 の大きさなどを変化させることが可能です。まず、名刺レイアウトの特徴 · は横型・横書き化を決めます。どちらが良いのかは、デザインやテンプレート次第です。

 

更にはロゴの場所やレイアウト方法 なども吟味する必要があります。本来の企業や会社はロゴをデザインし、また会社のロゴを載せ方や見せ方も工夫します。

より「わかりやすく見やすい場所」への掲載が可能となります。そのため名刺のデザインは常にどの位置にフォントをおいてロゴを位置させるのかが重要です。

それによって「レイアウト次第で高級感」を出すことも可能なのです。