アンケートを効果的に解析するには?アンケートの作り方から準備まで

2021/04/07

新商品の開発やセミナーの開催後など、企業は様々な局面でアンケートを実施するでしょう。

しかし「効果的なアンケートの実施・解析ができている」と自信を持って言える企業はどれぐらいでしょうか?

せっかくアンケートを行っても、解析がうまくできない質問項目ではあまり意味がありません。

そこで本記事では、アンケート結果を効果的に解析できるアンケートの作り方や解析準備を紹介します。

アンケート結果の解析ができるアンケート作りとは

アンケート結果を効果的に解析するには、「正しい」アンケートの作成が必要です。

アンケートの質問内容によっては上手く解析できず、せっかくのアンケート調査は失敗に終わってしまいます。

アンケートの失敗を防ぐため、解析に活かせるアンケートの作成に欠かせない事柄を確認しましょう。

アンケート目的を明確にする

アンケートの目的が明確でない場合は、アンケートをしても役立つ回答を得られません。

目的が定まっていないために、アンケートの質問内容が曖昧になるからです。

効果的なアンケート結果を得るには、事前に目的を明確にしましょう。

分析しやすい質問項目にする

選択肢が広くなる質問や似たような選択肢が生じる質問のアンケート結果は、結果が分散されるため、解析が困難です。

よって、選択肢を最小限に抑えられるように質問を作成しましょう。

アンケート結果の解析準備とは

続いて、集計したアンケート結果の解析準備を紹介します。

準備をしないでアンケートの解析作業に入るよりも効率的に解析できるため、準備作業はおすすめです。

有効回答と無効回答を分ける

アンケート結果を集計すると、どうしても無効回答が発生します。

そのため、まずはアンケート結果を有効回答と無効回答に分別しましょう。

アンケート結果の分別には、有効回答の基準の制定も欠かせません。

アンケート結果の全体像を理解する

細かくアンケート結果を解析する前に、まずは結果の全体像を理解しましょう。

全体像を把握・理解することで、顧客のニーズの方向性・傾向が分かるからです。

全体像を確認してから、必要な情報の洗い出し・解析を繰り返しましょう。

まとめ

アンケートの効果的な作り方や解析に必要な準備を紹介しました。

アンケート結果の解析にはデータ化やグラフ化が必須ですが、とても作業のかかる時間です。

さらにアンケート結果のデータ化・グラフ化を社内で行うと、費用も高く付きます。

そのため、アンケート結果のデータ化・グラフ化は外注されてはいかがでしょうか?