無料のネットショップと有料のネットショップの違いは何?

2019/10/29

ネットショップを開設しようとした場合、まずは自分のショップサイトを作成しなければいけません。ショップサイトを作成する場合、有料で作成するのはもちろんですが、中には料金がかからず無料作成できるサービスもあります。

ではこの、有料のネットショップと無料のネットショップの差は一体なんでしょうか?今回は有料のネットショップと無料のネットショップ の違いについて説明したいと思います。

 

 

無料のネットショップのメリット

無料のネットショップを使う一番のメリットは、サイトの作成費や月額の使用料がかからないことです。有料のネットショップであれば作成費に加えて月額の固定費がかかるのが一般的です。無料のネットショップはその両方がかかりませんのでとても気軽にネットショップを開設することができるでしょう。

 

 

無料のネットショップのデメリット

無料のネットショップは有料のネットショップに比べて、いくつかのデメリットがあります。

 

機能制限がある

無料のネットショップは多くの場合で使える機能が制限されている場合があります。カード決済機能やカート機能など、様々な機能をネットショップは使いますので、自分の思っていた機能を使えない場合がありますので注意しましょう。

せっかくネットショップを作ったのに、使いたい機能が使えず、結局料金がかかってしまったなんてこともありますので気をつけましょう。

 

デザインに自由度がない

ネットショプを作成し始めると「ああしたい」「こうしたい」と色々やりたいことも出てくると思います。特にデザインのレイアウトなんかは自分で自由に決めたいところでしょう。

しかし、有料のネットショップは自由にレイアウトを作ることができるのに比べ、無料のネットショップは決まったレイアウトでしかデザインをすることができません。無料のデザインテンプレートは多くのネットショップで使われているため、どこも似たようなデザインになってしまい、他所との差別化も難しいでしょう。

 

 

有料のネットショップの方が集客に強い

有料のネットショップの方が無料のネットショップに比べ、集客の面でも優れています。SEO対策や独自ドメインなど集客をするための機能を有料の場合は使用することができますが、無料の場合は使用できない場合がありますので注意が必要でしょう。

 

 

無料のネットショップがオススメな方

無料のネットショップは次のような方にオススメです。

 

趣味で稼ぎたい方

本腰を入れて稼ぐはのではなく、空いた時間に趣味程度で稼ぐことを目的としているのであれば、無料のものでもいいでしょう。費用がかからずにネットショップを運営できますので、その分利益を得ることができます。

 

テスト的にネットショップを開設する方

ネットショップで販売したことがない商品を「実験的に販売してみたい」「ある程度販売の見込みが立つようになったら有料のネットショップにしたい」というような方の場合でも、無料のネットショップを活用してもいいでしょう。無料のネットショップは固定費がかかりませんので、コストをかけずに運営できます。今まで販売したことがない商品をなどをテスト的に販売するなどの、マーケティングをする時などにもとても効率的でしょう。

 

 

まとめ

今回は、無料のネットショップと有料のネットショップの違いについてご説明しました。

無料のネットショップ にはメリットとデメリットがありますので、自分はどのようにネットショップ を運営していきたいかを事前に考え、必要に応じて使い分けていくといいでしょう。

またネットショップ を運営していく中で、価格調査はとても需要な要素になります。価格調査は自分で行うととても労力のかかる作業になりますので、専門の代行業者を活用することをオススメします。