売れる!ネットショップのはじめ方とは?

2019/10/21

インターネットの普及とともにネットショップの数も急激に増えました。もちろん今後も増えていくことが予想されますし、一昔前は「ネットで買うのが不安」と感じる人も多かったと思いますが、今ではセキュリティーやサポートもしっかりしているため、安心して利用できると思います。そのような環境ですから「今からネットショップをやってみたい」と考えている人も多くいるかと思います。

そこで今回は今からネットショップを始める方向けに、どのように始めれば売れるネットショップにすることができるかをご説明したいと思います。

 

 

「売れる」か「売れない」かは集客で決まる

ネットショップもリアルな店舗も基本的には同じ店舗ですから、店舗の商品が売れるか売れないかは、ほぼ集客で決まると言っていいでしょう。そしてネットショップはとても多くの店舗があるため、集客を伸ばすことは簡単なことではありません。しかし、きちんとした対策をしていれば少しずつでも確実に集客を伸ばすことはできますので、集客するための方法を学ぶようにしましょう。

 

 

人が集まる場所に出店する

集客を伸ばすためには出店する場所も重要になってきます。リアルな店舗を出店するには人が多く集まるところに出店した方が集客は見込めるでしょう。ですから、ネットショプも同じく人が多く集まるところに出店した方が、集客が見込めます。ではネットショプで人が集まるところとはどこになるでしょうか?

それはアマゾンや楽天などの大型のショッピングモール型ECプラットフォームサービスです。このサービスは商品をプラットフォームに登録することにより、登録したプラットフォーム上で商品を販売することができます。もともと人が多く閲覧しているプラットフォームですので、一から自分達で人を呼ぶ必要がありませんので、初めてネットショップを行うのであればとても便利でしょう。

 

 

大型ECプラットフォームのメリット

大型ECプラットフォームにはいくつかメリットがあります。まず、大型のプラットフォームに出品するためには審査があります。そのためきちんとした業者でなければ登録できませんので、安心して商品を購入することができます。そのため消費者の商品購入までの心理的なハードルはとても低くなるでしょう。

またプラットフォーム内でサポートもありますし、商品を購入したらプラットフォーム全体で使えるポイントがもらえるなどの特典がありますので、再度購入しやすい環境も整えられています。

また大型のプラットフォームはネット上の色々なところから入ることができるため、消費者の目に商品がとまる可能性が高くなるでしょう。

 

 

大型ECプラットフォームのデメリット

大型プラットフォームに出店するためには出店登録をする必要があり、そのため登録するには事前に審査が必要になります。また、登録には月額料金が必要になる場合もありますので、しっかりと確認をしておきましょう。初めて登録する場合は審査が通らない可能性もありますので、通らなかった場合のことも想定する必要があります。

また、商品を出品するにはプラットフォームで決められた出品方法で登録する必要があります。商品画像の背景色なども各プラットフォームで決められている場合もあり、違う色の場合は加工する必要がありますので注意が必要です。

 

 

まとめ

今回はネットショップをこれから始める方向けに、売れるための始め方をご紹介しました。大型のECプラットフォームを活用することにより、スピーディーにネットショップを開設することができますので活用してみて下さい。

また、ネットショップの売り上げを上げるためには適正な価格設定も重要になってきます。適正な価格を設定するためには適正な価格を知る必要がありますので、価格調査が必要になります。

価格調査はとても労力のかかる作業になりますので、専門の代行業者へ依頼することをオススメします。