ネットショップのSEO対策で大事なこと4つ!

2019/09/17

みんさんSEO対策はご存知でしょうか?

SEO対策と「Search Engine Optimization」の略で、検索エンジン最適化とも呼ばれています。現在ネットショプはとても多くの数があり、検索をした時に上位に表示されなければ自分のネットショップに訪問してくれるユーザーは限られてしまいます。したがって、自分のネットショップの訪問ユーザーを増やすためには、GoogleやYahooなどの検索サイトでキーワード検索の上位に表示されなければいいけないのです。そのための対策がSEO対策になります。

では、どのような対策をすればいいのでしょうか?今回はネットショップのSEO対策で大事なことを紹介したいと思います。

 

 

サテライトブログを立ち上げる

「サテライト」とは周辺を回るという意味があり、メインのネットショップに紐ずけたブログサイトを立ち上げるという意味です。新規ドメインは効果が出るまで時間がかかりますので、サブドメインを使用するといいでしょう。

メインサイトでブログ投稿をするものいいですが、それだとSEO効果が減ってしまいますので、別途ブログサイトを立ち上げた方が効果的です。有名なネットショップ を運営している会社では、専用のサテライトブログサイトを複数所有していると言います。

メインサイトで販売している商品などのレビューをサテライトブログで記事にし、さらにリンクを貼ることでSEO効果が期待できるでしょう。

 

 

徹底したキーワード研究

サテライトブログを作成する上でも重要ですが、商品を検索するには何らかのキーワードを入力してみなさん検索します。であればどのようなキーワードを設定すれば商品が検索されやすいかを研究することはとても重要です。

しかし、販売したい商品が「Tシャツ」であったら単純に「Tシャツ」で設定してはいけません。「Tシャツ」のようは一言だけのキーワードでは膨大な数の商品んが検索結果に該当し、検索結果の上位に表示されることはまずないでしょう。したがって単純なキーワードではなく「Tシャツ おすすめ 安い」など複数のキーワードを組み合わせたロングテールキーワードを設定した方がいいでしょう。

さらに、キーワードボリュームを調べることも必要です。設定したキーワードが月間「100~1000」程度検索されるようであれば必要以上に多くないので、検索結果の上位に表示される可能性が高くなるでしょう。

 

 

商品情報をタグを使い記載する

商品を登録する際には、商品スペックや商品画像をしっかりと記載してどんな商品化わかりやすくすることも大切です。

また、検索するのはGoogleやYAHOOといった検索エンジンですから、見出しタグやリストタグなどのSEOで重要なタグを使い、検索エンジンに商品を検索しやすくできるよう登録することも重要です。

 

 

 

ユーザビリティを高める

ユーザビリティとは一般的には「使いやすさ」という意味で使用されている言葉です。いくら商品情報が多くキーワードがきちんと設定されているネットショップでも、使いずらくユーザーがすぐにサイトを離脱してしまうようではいけません。ユーザビリティがよくないサイトは検索エンジンからも検索されにくくなっってしまうため、パンくずリストの設置やページの読み込み速度を早くしたり、スマホなどにも対応するなどして、ユーザビリティを向上させることも必要です。

ユーザビリティを向上させれば、商品も売れやすくなりますし検索エンジンにも上位で表示されやすくなるでしょう。

 

 

まとめ

今回はネットショップに必要なSEO対策を4つご紹介しました。「サテライトブログ」「キーワード」「タグ」「ユーザビリティ」この4つが基本的なSEO対策になると思いますので、しっかりと実践して売り上げを伸ばしていきましょう。