名刺入力の難しい点とは?解決法は業者への外注!

2021/01/07
パソコンを置いた机に向かう、難しい顔をした男性のレゴ

紙の名刺をデータ化したい場合、必須となる作業が名刺入力です。

名刺入力が難しいと考える方は、ほとんどいらっしゃらないでしょう。

その通り、名刺入力は簡単です。

と同時に、名刺入力は意外と難しい作業でもあります。

本記事では、思わぬ名刺入力の難しさを確認しましょう。

名刺入力の難しい2点

パソコンに向かって入力する女性

名刺入力には、単純作業ゆえの難しさがあります。

主な点は、入力ミスのリスクとスケジュールを立てる困難さです。

ここでは、それぞれの難しいポイントをご説明します。

入力ミスのリスク

確かに名刺入力は単純作業で、名刺に記載されている点をそのままデータ化するだけです。

しかし大量の名刺を一切間違わずに、名刺入力を行うのは難しいでしょう。

名刺情報は営業に役立てる方が一般的ですが、万が一名刺データが誤っていると重大な問題です。

スケジュールを立てる困難さ

名刺入力を仕事の合間に行うつもりの方は、多いのではないでしょうか?

数枚の名刺であれば、隙間時間での入力も可能です。

けれども大量になると、仕事の合間の名刺入力だけではとても足りません。

反面で空いている時間以外には、名刺入力をする時間を取れない方もいるでしょう。

また名刺入力を行うために、時間が押されてコア業務に支障が生じる方もいらっしゃいます。

大量の名刺入力は意外と終わる目処が立たず、計画が難しいです。

名刺入力の難しい2点を解決する方法とは?

Appleのパソコンと本が載った机と椅子

ご紹介した2つの名刺入力の難しい点を解決するには、プロの業者への外注しましょう。

名刺入力の作業自体は簡単であるために、自力で出来る解決策が無いからです。

信頼できるプロの業者に依頼すれば、当然ながら名刺入力のミスもありません。

名刺入力のミスが不安であれば、さらに入力の精度を高めることも可能です。

入力ミスのリスクフリーにするには、ベリファイ入力が効果的でしょう。

ベリファイ入力では、2人のスタッフが同じ名刺を別々に入力して、それぞれの入力内容を照らし合わせます。

各入力内容に違いがある場合は修正するので、ベリファイ入力すると通常はミスが起こりません。

特に日本人スタッフのみを採用している業者であれば、より安心でしょう。

外国人であれば日本語レベルが予測できませんが、日本人であれば基本的な日本語の理解力があると推定できるからです。

まとめ:名刺入力は意外と難しい|業者への外注がオススメ!

名刺入力には間違いのリスクがあり、終わる目処が把握しにくい欠点があります。

意外と難しい名刺入力では、業者への外注がオススメです。

信頼のできる業者に名刺入力を依頼する方が、自力よりも効率的でもあります。