名刺入力は簡単?|名刺入力が簡単に思えない3つのリスクとは

2021/01/04
コートから名刺を取り出す女性

「名刺入力」と聞くと、簡単だと思われる方も多いのではないでしょうか?

確かに、名刺入力は難しくはありません。

けれども意外と大量の名刺の山を、確実にミスなく入力するのは至難の技です。

しかも、膨大な時間も要する可能性が高いのが名刺入力です。

本記事では、名刺入力が思うより簡単ではない3つのリスクをご紹介します。

名刺入力が簡単に思えない3つのリスク

ノートパソコンの前で頭を抱える男性

単純作業である名刺入力が、簡単に思えない原因は主に3点です。

すなわち、入力ミス・集中力の途切れ・イライラのリスクを指します。

これら3つのリスクはコア業務にも影響を及ぼす恐れがあるので、絶対に避けたい点でしょう。

ここでは、各リスクをより詳しく見ていきましょう。

①入力ミスのリスク

数枚の名刺ではあまり心配ありませんが、数百枚・数千枚になると、どうしても入力ミスが起こりやすくなります。

名刺の情報は正確でこそ価値があるので、入力ミスは絶対に避けたい点でしょう。

しかし入力ミスを避けるため、丁寧に名刺を1枚ずつ見直すと更に時間がかかります。

そのため、現実的には入力ミスのリスク無く、全ての名刺入力を行うのは簡単ではありません。

実際は、安く名刺入力を請け負う業者に依頼する方が簡単かつ効率的でしょう。

②集中力が続かないリスク

変化のない単純作業をひたすら続けるので、名刺入力はどうしても退屈になり気味です。

退屈に感じ始めると気が散るので、入力時のミスは余計に発生しやすくなります。

③イライラしやすいリスク

何時間も簡単に思える名刺入力を続けていると、イライラしてくる可能性も高いでしょう。

終わらなさと本来すべきことが出来ない苛立ちと焦りが、イライラの理由の場合が一般的です。

名刺入力は簡単に見えるので、「さっと終わらせて、〇〇をしよう」「仕事の合間に片付けておこう」と取り掛かる方が多いのではないでしょうか?

ところが名刺入力を開始すると、終わらなくなることから焦って苛立ちを感じる結果に陥ります。

イライラし始めると、単純作業である名刺入力を効率的にこなせず、更に苛立つ悪循環ループが生まれるでしょう。

コア業務に支障をきたす原因ともなるので、信頼できる名刺入力代行の業者に依頼する方がオススメです。

まとめ:仕事に支障をきたすリスクを回避するため、名刺入力は外注しよう!

黒いキーボード

シンプルな作業だからこそ、名刺入力は簡単ではありません。

仕事に支障が生じるよりも、信頼できる名刺入力の代行業者に外注する方が良いでしょう。

依頼する際は、事前に実績や入力項目・オプション・入力方式・価格などを確認してくださいね。

加えてプライバシーマークを取得済みの業者だと、個人情報漏洩の防止が可能で安心です。