名刺入力を外注する3つの意味とは

2020/12/25
ビジネスの会議で握手する様子

突然ですが、皆さんは名刺の情報を有効活用していますか?

名刺の情報の価値は高く、企業の業績向上に大変貢献します。

しかし、なかなか名刺の整理ができず、名刺のデータを役立たせてない方も多いのではないでしょうか?

本記事では、名刺入力を外注する3つの意味をご紹介します。

名刺の情報を活かして、営業の効率化を図りましょう。

名刺入力の意味とは

スマホを操作する男性
「名刺入力」とは、「名刺の情報を入力してデータ化する」という意味です。
全ての情報のデータ化も可能ですが、一般的には特定の指定した情報を抽出します。

データ化した名刺情報は、Excelやテキストファイルなどとして閲覧・管理できるので、パソコンやスマホ等で容易に検索可能です。

また社内での共有もできて営業の効率化・業績の向上につながるため、名刺入力してデータ化する意味は大きいでしょう。

名刺入力を外注する3つの意味

スマホとメモ

名刺入力を外注すると、3つのメリットがあります。

ここでは、それぞれの利点を見ていきましょう。

①コア業務に集中

名刺入力は単純な作業で、仕事の隙間時間に出来るように思えませんか?

確かに名刺の枚数が少ないうちは、ご自身の空いている時間で名刺のデータ化が可能です。

しかし名刺の枚数が膨大になると、名刺入力には多大なる労力と時間を要します。

その結果、仕事の合間に行う予定だった名刺入力が、コア業務の時間を奪いかねません。

②コスト削減

名刺の入力を自社の社員に頼むと、2,000枚の名刺では約34時間かかります。

さらに社会保険料や税金などの支払いも考慮すると、より割高です。

加えて、頼まれた社員の本業へのモチベーションの低下にもつながります。

対して名刺の入力の外注は、1枚18円前後で依頼可能です。

企業にとっても、名刺入力に時間を費やすよりもコア業務に集中して結果を残してもらう方が、結果的にはコストの削減に感じるでしょう。

③データ化した名刺情報は容易に管理・活用

データ化した名刺情報は、社内共有ができる上、求める名刺を検索して即発見できます。

しかもクラウドへの保存やExcel・テキストファイルなどへの出力で、外出先でも簡単に確認可能です。

データ化した名刺情報は、万が一に備えてバックアップも作れるので安心でしょう。

まとめ:名刺の入力の外注には意味がある!

名刺入力を外注する3つの意味をご説明しました。

名刺の入力作業は、枚数が多くなると外注する方が、実質的なコストが安くなります。

名刺の情報を活用しないと損なので、どんどん名刺入力を依頼して営業に役立てましょう。