名刺入力の依頼前に確認すべき3つのポイントとは

2020/12/10
男性がメモを前に思案する様子

面倒で手間がかかる名刺入力の代行依頼を、お考えの方は多いのではないでしょうか?

「良い」業者に依頼すると、大量の名刺がデータ化されて活用できるようになり、営業の向上につながります。

では初めての名刺入力の依頼時に、確認すべきポイントとは何でしょうか?

本記事では、名刺入力の発注前に押さえておきたいポイント3点をご紹介します!

チェックリスト

名刺入力の依頼前に確認すべき3つのポイント

名刺入力の依頼をする前に、ぜひ次の3つのポイントを業者のサイトで確認しましょう。

サイトに記載されていない場合は、業者にお尋ねください。

①本当に安いか

②納品される品質

③実績の有無

ここでは、名刺入力代行における各ポイントをご説明します。

①本当に安いか?

多くの名刺入力代行業者は、自社の安さをポイントとして挙げています。

しかし、提示されている価格は本当に安いでしょうか?

たとえば基本入力項目が少なく、結局オプションによる追加入力項目が多くなるとコストは高くつく可能性があります。

基本項目に、少なくても以下の7項目があると良心的な業者と言えるでしょう。

・氏名

・郵便番号

・住所

・会社名

・部署名

・役職名

・電話番号

②満足できる品質か?

名刺データを活用するには、名刺入力の品質も大切なポイントです。

たとえば全て日本人スタッフが手入力で作業を行なっていると、日本語の心配は不要でしょう。

さらに2人のスタッフが同じ名刺を入力して、入力内容を照らし合わせるベリファイ入力であれば、より一層の高品質が期待できます。

③実績はあるか?

新しい企業では困難な面もありますが、依頼前に確認できる実績のある業者だと安心です。

特に名の通った企業を顧客に持つ業者であれば、架空の企業を記載している心配もありません。

また実際に企業が満足しているからこそ、業者の実績として掲載されています。

そのため業者の実績の有無も、名刺入力の依頼前の大切な確認ポイントでしょう。

名刺入力してもらう箇所を決めておく

OKとバツ

名刺入力してもらう箇所を、依頼前に決めておきましょう。

名刺のデータ全部なのか、裏面も依頼するのか、また部分的であればどの箇所なのか、などです。

事前に名刺入力する箇所を決定することで、実際の依頼時に円滑に契約ができます。

まとめ:名刺入力を依頼する前に、3つのポイントを確認しよう!

業者の実際の安さ・品質・実績の3点を、名刺入力の代行発注の前に確認しましょう。

「実際の安さ」の検討基準としては、業者の設定する基本項目の確認をしてください。

せっかく名刺入力を依頼するのであれば、失敗のないよう、ポイントを押さえた発注が望まれます。