名刺入力サービスの単価と安い理由を紹介!

2020/12/07
木のブロックとSUPPORTの文字

個人での名刺のデータ化は、名刺枚数が多いと大変です。

そのため、名刺入力代行サービスの依頼を検討される方も多いのではないでしょうか?

名刺入力代行の発注にあたり、名刺入力の単価は気になる点でしょう。

また、激安を謳う業者の「安さ」の秘密も興味がありませんか?

本記事では、名刺入力のサービスそれぞれの単価と安さの鍵をご紹介します!

名刺入力の各単価の説明

人々の繋がる輪

名刺入力は、いくつかの項目別に単価が設定されています。

さらにオプションの追加や精度に応じて料金が増減するので、事前のお見積もりがおすすめです。

注意:本記事で記載する全ての価格は、税抜きです。

お支払い時には税金10%が発生しますので、ご留意ください。

基本項目

一般的に、業者は名刺入力サービスの基本項目を用意しています。

基本項目は下記の7項目が多いですが、代行企業によってはFAX番号も含まれた8項目です。

・氏名

・郵便番号

・住所

・会社名

・部署名

・役職名

・電話番号

(・FAX番号)

基本項目は1人のスタッフが入力を担当する通常版では18円、2人のスタッフが同じ原稿を入力する高精度なベリファイ版では30円が安い目安です。

追加項目

追加項目では、次のような入力を追加依頼できます。。

なお、前者の記載価格が通常版、後者がベリファイ版の目安です。

・フリガナ:+2円・+4円

・メールアドレス:+6円・+10円

・ホームページURL:+6円・+10円

・携帯電話番号:+2円・+4円

・その他:+1円〜・+2円〜

オプション

オプションは、以下のような項目からお選びください。

・重複名刺チェックのみ:+2円

・重複名刺の削除:+5円

・ホチキス外し:+10円

・ホチキス留め:+5円

最低発注額やボリュームディスカウントは?

通常、名刺入力代行の業者では、最低発注額を入力精度別に設定しています。

たとえば、安い業者の価格目安は、通常入力で20,000円・ベリファイ入力で40,000円です。

また業者によっては、ボリュームディスカウントを用意しています。

よって、各名刺入力の単価が下がるので、お得になるでしょう。

激安の理由

スマホと筆記用具、資料を置いている様子

名刺入力は単純作業に思えますが、入力ミスも起こしやすく、大変時間を要します。

では、どのように激安を実現するのでしょうか?

激安の秘密は、「必要な項目」を「見やすく」「管理しやすい状態」にしてデータ化することです。

さらにスタッフを適材適所に配置することで、必要最低限の作業を正確に行うことで、単価を抑えます!

まとめ:名刺入力の単価の設定を知って、お得な依頼をしよう!

名刺入力の価格を単価ごとに理解できれば、理不尽な値段に気付くようになるでしょう。

また「安さ」も品質を保つには限界値があり、必要以上に安い業者は品質の心配が伴います。

さらに、あらかじめ各単価が把握できると、依頼前に自身でおおよその見積もりを把握できて安心です。