顧客名簿入力の外注に関するよくある5つの疑問とは?

2021/02/02
ノートパソコンに入力する男性

顧客名簿入力は、顧客情報のデータ化・管理に欠かせません。

顧客情報をデータ管理すると、営業を行いやすく、業績の向上につながります。

しかし膨大な時間と多大な労力を要する作業が、顧客名簿入力です。

そこで、非生産的で時間ばかり要する顧客名簿入力は、プロに依頼してはいかがでしょうか?

代行業者は激安で顧客名簿入力を請け負うので、コストも社内スタッフに依頼するより安くなります。

本記事では、顧客名簿入力の代行依頼に関するよくある疑問5点にお答えします。

顧客名簿入力の代行依頼でよくある5つの疑問とは

オンラインデータベースの絵に寝転がった男性がノートパソコンを見ている画像

ここでは、顧客名簿入力の代行依頼の際に生じやすい5つの疑問に対して、具体的に確認しましょう。

不明点をできる限り解決しておくと、円滑に外注できるハズです。

①クセのある手書きの日本語に対応できる?

たとえば顧客が記載した会員情報では、個々人のクセのある日本語も多いでしょう。

けれども全てのスタッフが日本人で、かつ国内での作業にこだわる業者であれば問題ありません。

日本に住む日本人スタッフなので、クセ字や日本語独特の表現なども対応可能です

②JPGやPDFの画像ファイルでも対応できる?

代行業者は、JPGやPDFの画像データを顧客名簿入力できます。

紙名簿や手書き資料を顧客名簿入力する際は、資料の送料はお客様負担です。

そのため、スマホなどで紙の資料などを撮影いただくと送料負担がありません。

さらに紙の資料を送付する必要がないので、輸送中の資料の紛失や入力作業時のデータ破損等の心配が不要です。

③納品形式は?

顧客名簿入力されたデータは、基本的にはテキスト「.txt」またはエクセル「.xls」にて作成されます。

ただし他の作成形式をご希望であれば、ご相談ください。

可能な限り、別の形式にも対応いたします。

④支払い時期は?

初めてご利用いただく場合は前払いで、入金確認後から作業開始です。

2度目以降のご利用であっても、個人のお客様は前払いになります。

法人様だと、納品後1週間以内にお支払いください。

⑤キャンセルの際の支払いは?

顧客名簿入力の依頼をキャンセルされる際のお支払いは、次のようになります。

・受注確定日から翌営業日まで:70%の代金を請求

・受注確定日から翌々日の営業日まで:80%の代金を請求

・受注確定日から3営業日以降:全額請求

まとめ:顧客名簿入力時によく生じる5つの疑問を解決!

ノートパソコンに入力する女性

顧客名簿入力時によく生じる5つの疑問にお答えしました。

全ての事項は先にご確認の上、入力代行を外注しましょう。

事前に気になる点を確認していると、期待外れの納品は避けられる確率が高いです。