顧客名簿のデータ入力を業者に依頼する際に確認したい5点とは

2021/02/01
極秘と記された名簿

大量の顧客名簿の活用は、営業の効率化を実現する大きな鍵です。

そして、効率的な営業は企業の業績向上にもつながるでしょう。

顧客名簿を効果的に活用するためには、名簿の整理が欠かせません。

でも実際に増え続ける顧客名簿を管理・整理するのは、時間的に大変ですよね?

そこで、顧客名簿のデータ入力や重複チェック・削除は、業者への外注をおすすめします。

プロの業者は、顧客名簿のデータ入力代行を激安で請け負い、かつミスのリスクもありません。

本記事では、業者に外注する際に確認したい5点をご紹介します。

顧客名簿のデータ入力を依頼する際に確認する5つの点

パソコンに向かって入力する女性

ここでは、具体的に顧客名簿のデータ入力を依頼する際に確認する 点を確認しましょう。

①入力項目と料金

当然ですが、まずは依頼できる入力項目と各料金は事前に確認します。

一般的な入力項目は氏名と会社名・電話番号・メールアドレスの4点ですが、業者は住所や生年月日など幅広く対応可能です。

②納品までの日数

基本の4項目の顧客名簿のデータ入力依頼であれば、下記がおおよその納期の目安でしょう。

・3,000件:5営業日

・5,000件:7営業

仮に10項目の入力であれば、3,000件で7営業日、5,000件で10営業日が目安です。

たとえば納期の目安が1ヶ月などの業者には、不安を感じるかもしれません。

③個人情報の取り扱い

名簿は個人情報の塊なので、業者の情報漏洩は絶対に避けたいことでしょう。

顧客名簿のデータ入力を外注する前に、業者の「プライバシーマーク」の取得をご確認ください。

「プライバシーマーク」は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会により、業者の個人情報保護体制が評価されたことを意味します。

安全な個人情報の取り扱いの目安となる「プライバシーマーク」を取得していない業者のご利用はおすすめしません。

④日本人スタッフ

外国人でも、日本人顔負けの日本語能力の方もいらっしゃいます。

しかし外国人の日本語力は判断し辛いので、全員が日本人スタッフの業者は安心でしょう。

日本人であれば、クセ字や日本語特有の言い回しなども対応できます。

⑤取引実績

取引実績が確認できれば、業者が顧客から評価を得ている目安として安心でしょう。

特に名の通った上場大手企業との取引実績があれば、なお信頼ができます。

取引実績に企業名を偽装して掲載していないと、信じられるためです。

まとめ:顧客名簿のデータ入力を外注する前に5つの点を確認!

個人情報と書かれた紙がシュレッダーにかけられたゴミに埋まっている画像

顧客名簿のデータ入力作業は、業者への外注がおすすめです。

業者に入力代行を依頼する際は、是非ご紹介した5つのポイントを事前にご確認ください。