顧客名簿はエクセル等で管理!入力は外注がおすすめな2つの理由

2021/01/29
名簿の用紙

無料での顧客名簿の管理には、エクセルの使用がおすすめです。

特に普段からエクセルを使い慣れている方にとっては、エクセルだと新たな操作法を学ぶ必要がありません。

クラウドでの管理も優秀なので、個人事業主や中小企業の経営者の方であれば、ご自身の使いやすい方をお選びになると良いでしょう。

顧客名簿をエクセルまたはクラウドで管理するには、まず顧客名簿を入力してデータ化が必須です。

そして大量の顧客名簿は、業者への入力代行依頼がおすすめです。

本記事では、入力代行への外注がおすすめな2つの理由をご紹介します。

入力代行は外注がおすすめな2つの理由とは

ノートパソコンと電卓と開いたノートの画像

ここでは、名簿入力の外注がおすすめな2つの理由を具体的に確認しましょう。

①コストが安い!

プロの入力代行業者に依頼する方が、通常は結果的なコストが下がります。

たとえばアルバイトの社員に名簿入力を依頼すると、3,000件の名簿で60,000円ほどの出費です。

1件1分で入力できると仮定しても、3,000件の名簿入力作業には3,000分、すなわち50時間要します。

時給が1,200円と仮定すると、1,200円x50時間=60,000円が人件費です。

業者に外注すると、3,000件の場合は1件14円x3,000件=42,000円に抑えられます。

なおご紹介した例では、いずれも一般的な4項目の入力が想定です。

すなわち、氏名と会社名・電話番号・メールアドレスになります。

比較すると、業者に入力代行を依頼する方がかなり安いですよね?

②ミスのリスクがない!

慣れていないスタッフまたはご自身で、名簿の入力を大量にこなすと必ずミスが生じます。

ミスを防ぐには、非常に慎重に行う必要があり、ますます時間がかかるでしょう。

顧客名簿をエクセルやクラウドなどで利用する際に、ミスは絶対に避けなければいけません。

たとえば氏名が違うと相手に大変失礼ですし、一文字でも異なる電話番号は用を為さないためです。

入力のプロである業者に依頼すると、ミスの確認作業も経て納品されるので、ミスのリスクフリーでしょう。

分かりにくい箇所の正確性も考慮される場合は、ベリファイ入力の選択でより正しい入力が期待できます。

判読しにくい手書き文字の原本や難しい漢字などがありますよね?

ベリファイ入力は2人のスタッフが、同一の名簿を入力して照らし合わせて確認するので、とても正確です。

まとめ:入力は業者に依頼して、顧客名簿はエクセルかクラウドで管理しよう!

色々なアプリが表示されたタブレットの画像

顧客名簿はエクセルやクラウド等で管理して、活用できるようにしましょう。

そして名簿入力は、コストを抑えられてミスがない業者への依頼がおすすめです。