名簿のデータ整備は外注がおすすめ!名簿入力への2つの疑問とは

2021/01/19
名簿とスマホとペンが机に載った画像

従業員名簿や顧客台帳、同窓会名簿など名簿には様々な種類が存在します。

しかしタイプは違っても、いずれの名簿も「データ整備をして重複内容は削除すべき」点は共通です。

では、名簿のデータ整備をするべき理由は何でしょうか?

データ整備をして、重複内容を確認・削除すると、名簿のデータが見やすくなるからです。

見やすい名簿は、データを活用しやすいですよね?

しかし重複内容の確認には多大な時間がかかりますし、とても面倒でしょう。

実は、データ整備は外注が可能です!

しかも合わせて、名簿を入力してデータ化してもらうこともできます。

本記事では、データ整備してもらえる内容とデータ入力依頼に関してご紹介します。

データ整備してもらえる内容

チェックリスト

外注すると、名簿の内容の重複のチェックを頼むことができます。

重複チェックのお願いだけもできますが、削除も依頼可能です。

名簿の統合などの際にも、データ整備が済んでいると便利でしょう。

名簿の日々のデータメンテナンスや営業への活用には、データ整備が大切です!

データ整備と合わせて名簿入力も依頼可能!

紙名簿や紙の資料・PDF・テキストファイルなど、様々な媒体で名簿を保管されている方は多いのではないでしょうか?

名簿をデータ化すると、たとえば外出先からも確認できたり、共有がしやすくなったりします。

データ管理が手軽に行え、必要な時に求める情報をすぐに確認できるメリットは大きいでしょう。

またデータ管理にする利点を感じていても、手間がかかることや時間がないことから実行されていない方も多いと思います。

実はデータ整備の依頼と合わせて、名簿のデータ化も注文可能です。

入力依頼する項目数や枚数、入力の精度レベルに応じて納期は異なりますが、1,000枚で4営業日〜納品できます。

3,000枚でも8営業日〜なので、すぐに名簿を活用されたい方にとっても悪くはないでしょう。

データ入力にまつわる2つの疑問点

パソコンに入力している女性

ここでは、データ入力の依頼にあたり生じる2つの疑問にお答えします。

名簿になっていない手書きの資料はデータ化できる?

手書きの資料は、記帳済みの紙名簿と同様にデータ化可能です。

送料はお客様負担となる点にご留意ください。

画像データにも対応している?

JPGやPDFなどの画像データにも対応しています。

スマートフォンなどで撮影された名簿の画像をデータ化できるので、業者に送付しましょう。

撮影する手間がかかりますが、画像データを送付すれば送料が不要です。

まとめ:データ整備は名簿入力と共に依頼しよう!

名簿入力やデータ整備の外注は、とても簡単です。

業者に依頼する入力項目と入力精度を決めて、名簿データを送付するだけなので、積極的に外注されると良いでしょう。

名簿データを営業に活用できると、大きな武器になります!