名簿入力の代行業者はどこがいい?名簿入力代行業者を探すときのポイント

2019/04/13

『名簿入力を業者に依頼しよう』

そう思った時、いつも依頼している業者があればいいのですがそのような業者がいないときは、探さなければいけません。そんなときに参考になるよう、今回は名簿入力業者を探すときのポイントについてまとめてみました。

 

 

見積もりを依頼しよう

業者を探すときに、まず一番気になるのが料金ですよね。名簿入力の場合、料金は名前〇〇円、住所〇〇円、メールアドレス〇〇円というように業者によって細かく決められています。また、依頼するデータ量が多ければディスカウントしてくれるところもあります。

ホームページに料金表がなく、見積もりを依頼しないと料金がわからない業者も多いので、まずはいくつかの業者に見積もりを依頼して料金を比べてみましょう。

 

 

セキュリティ管理はしっかりしているか?

名簿入力に使われる元データはもちろん個人情報です。万が一にも情報の漏洩があってはいけませんので、依頼する業者はセキュリティ管理がしっかりしているところを選びたいものです。

業者によっては社員が個人情報保護士の資格を保有していたり、会社でプライバシーマークを取得しているところもありますので、そのような業者はセキュリティ管理に力を入れているといえるでしょう。

 

 

納期は明確か?

せっかく業者に依頼したのに、納期に間に合わなかったらどうしようもありません。納期がしっかりと明確になっているかも重要です。また、納期には元データの状態も重要になってきます。納期が間に合わなかった場合、元データの状態のせいにされてしまうかもしれません。

発注する場合は、サンプルデータとして事前に発注先に元データの状態を確認してもらい、本当に納期に間に合うか確認するもの大事になるでしょう。

業者によっては、作業が終わったものから順番に納品してもらえる場合もあります。そのほうが作業を分散して進められるメリットがありますので、希望する場合は業者に確認してみましょう。

 

 

スタッフの対応は?

代行業社に見積もりや問い合わせをしたときの、相手スタッフの対応も重要なポイントです。依頼する量が多くなれば多くなるほど、発注した業者とは連絡をとる機会が多くなるものです。そんなときに、電話をかけてもなかなか出なかったり、メールを送っても返信がこなかったりでは、納期に影響が出てしまうかもしれません。発注する前に、相手スタッフの対応はスピーディーでかんじのいいものか確認しておきましょう。

 

 

まとめ

今回は、名簿入力代行業者を選ぶときのポイントについていくつかご紹介しました。名簿入力は自社で行おうとすると、とても労力を必要とし大変な作業です。良心的な名簿業者を探して、有効に活用していきましょう。