違いが分かりますか?パンチ入力とデータ入力の細かい違いを解説

2020/12/09

データ入力の仕事を外部に依頼する際、「パンチ入力」という単語を耳にする方も多いと思います。

パンチ入力もデータ入力を指す言葉ですが、使い方によってはデータ入力と意味合いが違ってくることがあります。データ入力を依頼する際はパンチ入力とデータ入力の言葉の違いを理解しておくとよりスムーズな依頼が可能になるでしょう。

今回はパンチ入力とは何か知りたい方へ向けて、概要やデータ入力との違いを解説していきます。

キーボードを使った入力行為を表す!パンチ入力とは

パンチ入力のパンチは英語で「punch」と記載します。パンチとはキーボードを押す行為を表します。つまりパンチ入力とは「キーボードを押してデータを入力する行為全般」を指す言葉です。

多くの場合データを手打ちして活用できるようにする作業には、データ入力という言葉が使われています。しかし専門業者などに依頼する際はパンチ入力という言葉を耳にする可能性もあるでしょう。

細かい違いを覚えておけば、「ここはパンチ入力作業のようにそのまま一言一句違わず入力してほしい」といった言葉の使い方ができるようになって外注の話も進めやすくなります。

そのまま文字を入力する!パンチ入力とデータ入力の違いとは

ここからはパンチ入力とデータ入力の違いを解説していきます。

パンチ入力では文字をそのまま入力するが、データ入力では編集する

パンチ入力の場合、書いてある通りにそのまま文字を入力していきます。たとえば「このカレーが具材は多くておいしいですね」といった助詞がおかしい日本語も、一言一句変えずに入力するのが基本です。

しかしデータ入力の場合は「このカレーが具材は多くておいしいですね」は「このカレーは具材が多くておいしいですね」というように入力するなど、文章がおかしくないように編集する作業も必要になってきます。他にも

  • 後で加工しやすいように項目の入力順番を変更する
  • 重複しているデータを削除して整理する

といった作業がデータ入力では必要です。

パンチ入力は文字入力のみが仕事だが、データ入力ではさまざまな業務が関係してくる

パンチ入力では文字を入力した上で、ミスがないか確認してOKがでれば作業が終わります。しかしデータ入力の場合「オペレーターとして顧客へ対応して内容を入力する」など、単純に文字入力する以外にさまざまな業務がかかわってくることがあります。

パンチ入力のほうが対応範囲が狭く、データ入力のほうが対応範囲が多いと覚えておきましょう。

まとめ

今回はパンチ入力とは何か、そしてデータ入力との違いも解説してきました。

パンチ入力とデータ入力は同じように使われる場合もありますが、編集作業の有無や対応範囲の大小などで違いがあります。パンチ入力のような単純な文字入力であればクラウドソーシングなどで気軽に依頼してもよいかもしれませんが、データ入力のような複雑な編集作業を伴う文字入力作業は専門業者に任せた方が安心です。

弊社ではデータ入力のプロが確実に仕事を遂行します。データ入力に課題がある場合はぜひご相談ください。