手書きの文字をデータ化する4つの方法

2019/11/13

手書きの原稿や、作文、資料、レポートなど、手書きの文字原稿は現在でも色々な場面で使用されています。

しかし、最近では情報を共有するためにだったり、保管をするためだったりと多くの場面でテキストをデータ化した方が便利な場面があると思います。

そこで今回は、手書きの原稿などをテキストデータ化する方法をいくつかご紹介したいと思います。

 

 

文章を手入力してデータ化する

一番オーソドックスな方法になるかと思いますが、もっとも確実な方法が文章を手入力でデータ化する方法です。

こちらの方法は元となる原稿がどのような状態でも対応することができ、原稿内容を場合によっては修正しながら、よりクオリティの高いものにすることができる方法になるかと思います。

とても精度の高い方法になりますが、その分労力とコストがかかる方法になりますので、自社で行なったり個人で行う場合は注意が必要です。

作業する担当者のタイピングスキルによって大きな作業効率の差が生じますので、作業をお願いする場合は事前にその人のタイピングスキルをしっかりと確認してからにしましょう。

 

 

専門の代行業者に依頼する

手書き原稿をデータ化する方法の中では、こちらの方法がもっとも効率よくクオリティの高いテキストデータを入手する方法になります。

また代行業者に依頼することにより、納期を正確にすることができるメリットもあります。自分たちでやろうとすると、思わぬトラブルなどにより想定以上に作業時間がかかってしまうことがあるかもしれません。

専門の代行業者に依頼すれば、しっかりと納期を守ってくれますのでそのような心配事は無くなるでしょう。

費用は他の方法に比べるとかかってしまうかもしれませんが、効率や人材の無駄遣いなどのことを考えるとむしろ割安になるかもしれません。

 

 

 

 

アプリケーションを使ってテキスト化する

スマートフォンなどのアプリケーションを使ってテキスト化する方法もあります。

最近では画像から自動で文字を読み取る機能(OCR)も進歩してきており、スマートフォンに対応しているアプリケーションでもテキスト化できるようになりました。

しかしまだ完全な技術ではありません。読み取る手書き原稿の状態がとてもよく、読み取る文字も丁寧に描かれている場合ではかなりの精度で文字とテキストデータ化することができるでしょう。

しかし、原稿の状態が良くなかったり手書き文字が癖字などで読みにくかったりした場合は、正確に適すデータにはすることができないでしょう。

元となる原稿の状態に合わせて使用するといいかもしれません。

 

 

WEBサービスを使ってテキストデータ化する

先ほど説明した画像認識機能(OCR)を使ったWEBサービスも最近では増えていますので、こちらのサービスを利用して文字原稿をテキストデータ化する方法もあります。

こちらはサービスを提供しているサイトを開き、データ化したい文字原稿をスマートフォンなどで画像データにし、サイトにアップすることによりテキストデータにしてくれます。

スマートフォンアプリと同じ技術を使っていますので、やはり元となる原稿の状態によってはきちんとテキストデータにならないケースもありますので注意が必要ですが、手軽にデータ化できますので一度は試してみるといいでしょう。

 

 

まとめ

今回は、手書きの原稿などをテキストデータ化する方法を4つご紹介しました。

技術の進歩とともに簡単にデータ化するサービスも増えてきていますが、精度はまだまだ完璧とは言えません。

ビジネスなどに使用するテキストデータは精度も重要となりますので、基本的には専門の代行業者などを利用し、重要度の引くいものなどはその他の方法でデータ化するといいでしょう。