データ入力には必須!タイピングを上達させる方法

2019/06/10

データ入力をする時に、タイピング技術は重要になるします。タイピングが速ければ速いほど作業効率も上がりますし、データ入力にかける労力もどんどん少なくなるでしょう。しかし、データ入力の経験があまりない方だと、なかなかタイピング技術を向上させるのは大変ですし、どの程度の技術があれば、データ入力をこなせるかもいまいちわからないでしょう。そこで今回は、どの程度のタイピング技術があればデータ入力を行えるのか、またどうすればタイピング技術を向上させられるのかについてまとめました。

 

 

データ入力に必要な技術

 

データ入力に必要なタイピングスピードは?

データ入力に必要な最低限のタイピングスピードは、1分間に80文字と言われています。この80文字というのはそれほど早いスピードではありません。普段からパソコンを使用している人であればほとんどの人がクリアできるでしょう。また1分間に150文字以上入力することができれば十分と言えるでしょう。

しかし、普段からあまりパソコンを使用しない人であれば1分間に80文字入力できないかもしれません。もしそのような人でデータ入力をしたいときは、事前に練習を行わないといけないでしょう。

 

スピードよりも正確さ

データ入力ではタイピングスピードも大事ですが、正確さが非常に重要になります。いくらタイピングスピードが早くてもミスが多ければ修正しなければいけませんので、トータル的にかかる時間は多くなってしまいます。また、データ入力したものにミスが多けれ、ばデータとして使用できなくなってしまう可能性もありますので、ミスはできる限り最小限に抑えないといけないでしょう。

 

できたほうがいい「ブラインドタッチ」

データ入力をする上で、ブラインドタッチは必須ではありませんが、できたほうがいいでしょう。ブラインドタッチはキーボードを見ないで入力する技術です。ブラインドタッチができる人の平均的なタイピングスピードは1分間に250~300文字といわれています。ここまで早いタイピング技術があれば、とても効率よくデータ入力を行えるでしょう。

 

 

 

 

タイピングを上達させる方法

 

ホームポジションを意識する

キーボードには、少し出っ張りがあるキーがあります。そのキーに両手の人差し指を置いたポジションがホームポジションになります。タイピングする際には必ずこのホームポジションから始めることを意識しましょう。

 

反復練習が大事

タイピング技術を上達させる方法として、最も重要なのは繰り返しタイピングをすることでしょう。サイトによってはタイピングを練習できるサイトもありますので、そのうようなサイトを活用するのもいいでしょう。ただ入力するだけではなかなか集中力が続かないと思いますので、好きな歌の歌詞や、小説などを題材として練習するのもいいでしょう。

 

ミスが多いキーを重点的に

入力を練習していると、よくミスをするキーがあるのがわかってくると思います。人によって入力しにくキーはバラバラですので、ミスが多いキーがわかればそのキーを重点的に練習することにより、さらに技術は向上するでしょう。

 

慣れてきたらブラインドタッチの練習

タイピング技術の最終目標は、やはりブラインドタッチの習得でしょう。ブライインドタッチができる人とできない人では、タイピングスピードは何倍も変わってしまいます。タイピングに慣れてきたらやはりブラインドタッチの練習をしたほうがいいでしょう。ブラインドタッチを習得するポイントは、ホームポジションを常に意識することと、キーの位置を覚えることです。この二つを意識して繰り返し練習しましょう。

 

 

まとめ

今回はデータ入力に必要なタイピングスキルについてと、タイピング技術を向上させる方法についてご紹介しました。タイピングに不安がある方は、紹介した項目を意識してスキルアップを目指しましょう。しかし、データ入力は代行業者に依頼することもできます。初心者がタイピングスキルを上達させるには時間と労力がかかります。そのようなときは代行業者に依頼し、効率よくデータ入力を行いましょう。