画像加工は自分でするか、依頼するか、どちらがよいのか

2019/05/28

ECサイトやWebカタログを作成するときに必要になるのが画像データです。元画像がそのままの状態で使用できればいいのですが、多くの場合で加工が必要となるでしょう。そのようなときに考えるのが、自分で加工処理するか、業者に依頼するか、どちらがいいかということですよね。今回はそのようなときに参考になるよう、画像加工は自分でしたほうがいいのか、業者に依頼したほうがいいのか、両方のメリット・デメリットについてまとめてみました。

 

 

自分でするメリット

 

費用を抑えられる

自分でする一番のメリットは費用を抑えられることでしょう。ECサイトやwebカタログを作成する場合、使用する画像データの数はとても多くなりますので、自分ですることができれば費用が発生しませんので、かなりの費用削減になるでしょう。

 

 

自分でするデメリット

 

効率が悪い

自分で画像を加工するにあたって、まずは作業をする環境を整えなくてはいけません。普段からパソコンや画像加工ソフトを使用している人であればいいのですが、そうでない場合は一から全て揃えなくてはいけません。パソコンもなんでもいいのではなく、画像処理を行うにはある程度の性能のものでなくてはいけませんし、画像を加工するためのソフトも購入する必要があります。さらにソフトの操作方法も学ぶ必要もあるため、作業をする環境を整えるのにかなりのコストがかかるでしょう。

さらに元となる画像データにも色々なパターンがあります。とくに凹凸がなく単純な形状のものであればいいのですが、凹凸が多く複雑な形状をしているものですと作業時間もかかりますし、加工に必要な作業スキルもレベルの高いものになります。このように自分で画像をするにはクリアしなければいけないハードルがいくつかあるため、自分でするのはあまり効率的とはいえないでしょう。

 

クオリティーが安定しない

複雑な形状の画像データを加工する場合、集中力と注意力がとても必要になります。また加工する画像の数が多くなると同じ作業を繰り返しになるため、急激に集中力と注意力を消耗します。そのような場合、クオリティーが安定しなくなる可能性もでてくるでしょう。

 

 

 

 

業者に依頼するメリット

 

正確なクオリティー

業者に依頼すると、画像加工に慣れた専門のプロが作業するため、クオリティーは安定し高いレベルで統一されます。また単純な切り抜きだけではなく、もっといい写真にするための、様々な知識と加工技術を持っているため、さらにクオリティーの高い画像に加工することが可能になるでしょう。

 

スピーディーな作業

画像加工を自分でする場合、1日に作業できる枚数には限界があります。納期に余裕があり、毎日少しずつ作業できるのであればいいのですが、多くのケースでは1日にある程度の枚数を加工する必要がでてくるでしょう。また、できる限り短時間で加工してほしいケースなどもあると思います。業者に依頼すれば複数人で作業することが可能なため、よりスピーディーな対応が可能となるでしょう。

 

 

業者に依頼するデメリット

 

費用が発生する

業者に依頼するデメリットは、ある程度の費用が発生することでしょう。しかし、自分で作業をする場合でも時間と労力を使用するため、ある程度のコストかかります。したがって、業者に依頼した場合に発生する費用と、自分で作業した場合のコストを比較すると、最終的に支払うコストが低くなるケースもあるでしょう。

 

 

まとめ

今回は、画像加工を自分でしたほうがいいのか?業者に依頼したほうがいいのか?について、両方のメリット・デメリットを比較してみました。

自分で画像加工をする場合は、費用は抑えられますが作業できる環境を整えたり、作業自体に時間と労力が必要になるため、あまり効率的とはいえないかもしれません。

業者に依頼する場合は費用が発生しますが、クオリティーや作業スピードの面からみても効率的といえますし、業者にもよりますが費用もトータル的に見るとけっして高いとは言えないでしょう。

画像加工は多くの場面で必要になると思いますので、今回の記事を参考にして頂き、自分でしたほうがいいのか、業者に依頼したほうがいいのか総合的に判断していきましょう。