画像の切り抜き、外注すると相場はいくら?

2019/05/27

WebカタログやECサイトを利用して商品を販売している企業や、これから販売しようと考えてる企業は多くあると思います。そんなときに必要となってくるのが画像データですよね。販売する商品数にもよりますが、必要になってくる画像データの数はとても膨大になるでしょう。もちろん自社で作業できなくはないと思いますが、効率を考えると代行業者に外注依頼したほうがいいでしょう。

そんなときに気になるのが費用ですよね。外注依頼したいが相場がわからず、困っている人も多いと思います。そんなときに役に立つよう、今回は画像切り抜きを外注依頼したときの相場をまとめてみました。

 

 

相場は難易度によって変わる

まず前提として、画像の切り抜きの料金は何十円〜何百円と処理する画像によって大きく差があります。料金が大きく分かれている理由としては、処理する画像の難易度によって料金が決められているからです。難易度の決め方としては、「丸型や四角型など、ほとんど凹凸のないもの」「やや凹凸のあるもの」「複雑なもの」など形で分かれていたり、「作業時間◯分以内」「作業時間◯〜◯◯分以内」など作業時間で分かれているケースがほとんどです。どの業者も4~5段階程度に分けて料金を設定しています。ですから、まずは依頼する画像がどの程度の難易度になるか把握しておくことが必要になるでしょう。

 

 

低難易度の相場

パソコンや時計、食器など、ほとんど凹凸がなく2~3分以内で作業できる画像を、多くの業者では一番安い料金に設定しているようです。そのような画像の作業料金の相場は約40~50円になります。難易度は業者によって幅広く設定していますが、一番低い難易度の基準はどの業者もさほど変わらないようです。したがって単純な画像の処理であれば、一番難易度の低い価格を業者別に比較し、一番安い業者に依頼するのもいいでしょう。

 

 

 

 

中難易度の相場

ぬいぐるみ、オブジェクト、花びらなど、やや凹凸があり10~15分程度で作業できる画像を中難易度に設定している業者が多いようです。こちらの料金の相場は約100~200円になります。この難易度の設定は業者によって大きくことなり、ひとまとめに料金を設定していくところもあれば、いくつかに分けて料金を設定しているところもありますので、判断に困った場合は事前にサンプル画像を業者に送付し、どの程度の難易度に当てはまるか相談してみたほうがいいでしょう。

 

 

高難易度の相場

人物、装飾品、など凹凸が多くあってやや複雑な形状をしており、作業時間が20~30分程度の画像を高難易度に設定している業者が多いようです。この難易度の相場は約200~300円になります。この難易度も業者によって料金設定の幅が広いので、一度サンプル画像を業者に送付して、事前にどの難易度になるか相談したほうがいいでしょう。

 

 

難易度が判別できない場合

自転車、草木、鉄塔など格子状で凹凸が非常に細かく中抜き処理も多い、作業時間が30分を超えるような画像データは、どの業者も料金設定は基本的にしておらず、ホームページなどに料金を載せている場合も「別途見積もり」と表示しているところがほとんどす。このような画像処理の依頼を検討する場合は、複数の業者に相見積もりを依頼し、金額を比べてみるといいでしょう。

 

 

まとめ

今回は、画像の切り抜きを業者に依頼するときの、料金の相場についてまとめました。画像の切り抜きの相場は、処理する画像の形状だったり、どの程度凹凸があるか、中抜きは必要かによって大きく分かれてきます。また色補正やリサイズ、トリミングなどのオプションによっても別途費用がかかってきます。オプションの料金も業者によって違いますので、必要な場合はオプションを含めた料金を算出し、どの業者に依頼するか判断しましょう。