テープ起こしとタイピングスキルは関係性が高い!不安がある場合は業者へ依頼しよう

2021/05/13

テープ起こしの作業を効率化するには、

  • まず全体像を聞いてから作業する
  • 音声データの再生速度を調整する

といったコツがあります。

しかしどのコツも、結局タイピングスキルが備わっていなければ無駄に終わってしまうでしょう。テープ起こしでは文字として音声内容を起こすという性質上、当たり前ではありますがタイピングスキルとは切っても切り離せません。

今回はテープ起こしとタイピングスキルの関係性を分かりやすく解説していきます。

テープ起こしとタイピングの関係性!入力スピードは作業スピードに直結する

テープ起こしにタイピングが必要なのは、次のような理由があるからです。

入力スピードがテープ起こしの作業時間を左右する

テープ起こしでは

  1. テープを流す
  2. 流れた会話を文字としてパソコン上へ入力する
  3. チェックを行い間違いがないかチェック

といった工程を通して作業を行います。

一番時間がかかるのは2の工程、つまりパソコンへ会話を入力する作業です。

タイピングスピードが速ければ(正確性も重要ですが)、2の工程がそれだけ短縮されてテープ起こしの作業も短くなります。

タッチタイピングができないと入力ミスも増える

キーボードを見ないでタイピングを行う(タッチタイピング)は、テープ起こしの基本的なテクニックです。タッチタイピングができないと

  1. テープを流す
  2. 会話を理解してからキーボードキーを見る
  3. 文字を入力する

といった工程になってしまい、作業が煩雑になってしまいます。また「間違って隣のキーを打ってしまった」、「キーを把握するのに時間が掛かる」といった点もデメリットです。

もしタッチタイピングができない場合は、テープ起こし作業者としてタッチタイピングが実質必須ということを頭に入れてトレーニングを行ったほうが安心できます。

より効率化できる方法を探しやすくなる

タッチタイピングが当たり前にできる状態でテープ起こしをすれば、「より作業を効率化するにはどうしたらよいだろう」という視点に頭が行きやすくなります。細かい工夫でも複数積み重ねることで作業が効率化されて負担も減ります。

スタッフのタイピングスキルに不安がある場合は、テープ起こしを業者へ依頼しよう

スタッフのタイピングスキルに不安が少しでもある場合は、テープ起こしの精度や作業時間の面などを考えて業者へ依頼を掛ければ不安を取り除けます。

業者へ依頼すれば、専門のタイピングスキルにも優れたスタッフが集中して作業を行ってくれます。精度の高さは確保されますし、作業時間にも無駄がありません。

総合的に考えると、従業員へ無理にテープ起こしを依頼するよりコスト削減にもつながりますし、従業員のモチベーションを下げなくても済みます。ぜひ専門業者へテープ起こしを依頼して、より重要な業務へ時間を割けるように工夫してみてください。

まとめ

今回はテープ起こしにタイピングスキルが必要な理由を解説してきました。

タイピングスキルが不足しているとテープを聞きながらリアルタイムで入力するのが難しくなるので、作業時間も掛かってしまいます。「あまりにも自分のタイピングスキルが不足している」と感じる場合は、タイピングサービスを使ってタイピング能力を鍛えてみましょう。

文字入力の速度と正確性を向上させよう!おすすめのタイピング練習サービス3選

また少しでもタイピングスキルに不安がある場合は、専門業者へテープ起こしを依頼してコスト削減や業務効率化などを行えば安心です。