文字起こしの仕方と作業にかかる目安の時間は?

2020/08/21

文字起こしをやったことのない、またはこれからやろうと思っている文字起こし未経験の方は、話の内容を聞いて文字にするだけだから自分でも簡単にできるだろうと思っているのではないでしょうか。最近ではYouTubeなどの動画の字幕を付けるために文字起こしをするなどもおじお越しの新たな需要も生まれています。

では、実際に文字起こしを自分で行う場合にかかる平均的な時間や作業を行う際の注意点とはどのような点があるのでしょうか。

 

文字起こしにはなぜ時間がかかるのか。

音声データを聞いて文字に起こすこと自体は誰でも可能です。

しかしその作業にどれだけの時間がかかるものでしょうか?

実際に音声の文字起こしを試してみると分かりますが、所要時間は音源の録音時間の少なくても4倍はかかる目算になります。10分程度の音声を文字にしようとすると40分ほどかかる計算になります。意外な程に長くかかりますね。これは人の話す速度がタイピング速度と比して速いこと、話し言葉を書き言葉に変換するために考えなければならないこと、「あー」「えー」などの話し言葉特有の繋ぎ言葉を判別して削除するなど、意外とやることが多いためです。

10分の音声でも4回聞きなおせば40分掛かってしまいます。

頭の中で音源の内容を覚えながらタイピングをしていきますので、覚えられない場合は所々音源を止めつつの入力となります。

実際の文字起こしの方法としては、多くの場合通常速度で音源を聴くのではなく、スロー再生しながらタイピングします。作業をスムーズに進めるために、書き起こしをサポートするための専用ソフトを使う人が多いです。

 

 

文字起こしをする上での注意点

文字起こしの作業は、会話の中で自然に出てくる相槌や言い淀みなど無意味な言葉などをカットする、意味のない言葉もすべてそのまま残す、表現や文法を修正して正しくまとまりのある文章に修正する、という作業に分けられます。これらの作業をどの程度行うかによって作業時間が変わってきます。自分で文字起こしを行う際には作業に取り掛かる前にどの程度の精度で文字起こしを行うか決めておいた方が無難です。

また、音声がどれだけクリアかも作業しやすさに関わります。自分で録音する際はなるべく良いレコーダーを使うのが良いです。発言者が複数いる場合にはできれば人数分用意して発言者の近くに設置すると、声の混線を緩和することができます。また、自分の発言を文字起こしする場合は「あー」「えー」などの繋ぎ言葉をなるべく使わずに滑舌良くしゃべることで文字起こしの作業時間を短縮することができます。

 

専門の代行業者代行業者に頼むメリット

このように文字起こしというのは、やろうと思えば初めての人でもできる単純な作業ですが、かなりの時間がかかってしまうものです。

そのため専門業者に依頼した方が効率が良いというケースが多いです。

代行会社に外注して依頼する費用と自分で作業する時間とを比べてみると、もちろん自分でやったほうが費用はかかりませんが、労力を時給換算して考えてみると、外注した場合の方がコストパフォーマンスに優れていたということもよくあります。

また、専門の業者は慣れているために、正確で文章としても体裁としても優れた形で受け渡してくれます。

こうした質の良さとコストパフォーマンスという点で専門業者に外注するメリットは大きいと言えます。

また文章を整えて文法的にも正しいものとするよう依頼する場合、専門業者が行った方が文章のまとまりや言葉の使い方が正しく仕上がるでしょう。

より分かりやすく正確な文字起こしができますので、品質の高さを求める場合はぜひ専門の文字起こし代行会社への依頼も検討してみてください。