安さ?それとも高クオリティー?テープ起こし業者はこうやって選ぼう

2019/06/02

インタビューや会議など、音声を録音する機会は多くあると思います。そして録音した音声データをテキストデータ化し、記事や議事録など色々なことに活用できようにする作業がテープ起こしです。しかし、テープ起こしは大変労力を必要とする作業ですので、業者に依頼した方が効率的でしょう。

そんなときに考えるのはどの業者に依頼した方がいいかということでしょう。業者を選ぶポイントはいくつかありますが、大きく分けると、「価格で選ぶ」か「クオリティーで選ぶ」の二つになると思います。ではどのようなケースのときは価格で選び、どうのようなケースのときはクオリティーを重視したほうがいいのでしょうか?今回はそのことについてまとめてみました。

 

 

価格重視で選ぶ場合

まずは価格重視で選ぶケースについてご説明します。価格重視で選ぶ場合は、「精度」「納期」「個人」の3つが問題なければ価格重視で選ぶことができるでしょう。

 

精度を求めない

依頼した音声データを書きおこしたときに、あまり精度を求めない場合は、価格重視で業者を選んだ方がいいでしょう。例えば、会議の録音データだったり、講義の録音データの場合は、一言一句漏らさず書き起こす必要はありません。録音データの内容がわかり、大まかにカテゴリーで別れていれば十分に資料として使うことができるでしょう。そのような目的で書き起こしたテキストデータを使用する場合は、価格重視で業者を選んだ方がいいでしょう。

 

納期に余裕がある

納期に余裕があれば、価格重視で業者を選ぶことができるでしょう。基本的にどの業者でも納期は長くなればその分料金は安くなります。業者の中には料金は低く設定しているかわりに、一定の納期以下は作業不可の場合もあります。価格重視でそのような業者を利用する場合は、納期に余裕を持つ必要がありますので、業者に依頼する場合は、常に早めに依頼するようにしましょう。

 

個人の業者でもかまわない

もし、依頼する対象が個人の業者でもかまわない場合は、価格重視で選ぶことができるでしょう。なぜなら個人の業者に依頼する場合、多くのケースでクラウドソーシングなどを利用するかと思います。クラウドソーシングで依頼する場合は、依頼する側が料金を設定しますので、御者に依頼するよりも安く設定することができます。しかし個人の業者に依頼する場合、かなり費用は抑えられますがその他のリスクが高まることはしっかりと理解しておきましょう。

 

 

 

 

クオリティーを重視する場合

クオリティーを重視する場合は、「精度」「専門性」の項目が重要になるでしょう。

 

精度を求める

精度を求める場合は、もちろんですがクオリティーを重視して業者を選んだ方がいいでしょう。例えば裁判で使う資料などは、漏れがあってはいけませんので元となる音声データを一言一句漏らさず書き起こししなければいけません。

仮に漏れがあるようであれば資料として使用できない場合もあります。このようなケースの音声データを書き起こす場合は、精度がとても重要になりますので、クオリティーを重視して業者を選ぶといいでしょう。

 

専門性が高い

IT関係や医療関係の録音データなど、専門性が高い場合もクオリティーを重視して業者を選んだ方がいいでしょう。業者によっては専門性が高い内容の音声データは取り扱い不可の場合もありますし、依頼したのはいいが納期が遅れてしまったり、語句が間違っている可能性も出てきます。そのようなことのないよう、専門性の高い音声データの場合は、業者の作業実績などを確認し、専門性に対応している業者を選んだ方がいいでしょう。

 

まとめ

今回は、テープ起こしを業者に依頼する場合に、価格重視か・クオリティー重視かを判断する基準をいくつかご紹介しました。テープ起こしは、依頼する音声データの内容や求める精度によって依頼する業者を選ぶべきでしょう。中にはマルチに対応してくれるところもありますので、そのような業者を見つけるためにも、業者選びは大切にしましょう。