白黒やカラーとの違いを理解しよう!スキャンで使われるグレースケールのメリット

2020/11/13

書類をスキャンして保存する際は、色の保存形式を

  • 白黒(モノクロ)
  • カラー
  • グレースケール

の3つから選択します。

モノクロとカラーはどんな風に保存されるか想像がつきやすいですが、「グレースケール」という単語は他の2つよりは一般的ではないためどんな形式が理解されていない方もいらっしゃると思います。

グレースケールを使うとデータ容量を節約しながら画像を見やすくスキャン保存可能です。

今回はグレースケールの基本を知りたい方向けに、概要やメリットなどを解説していきます。

黒の濃淡でデータを表現!グレースケールとは

グレースケールとは256階調で黒と白を表現できる印刷形式です。

白黒印刷の場合、書類の情報は黒か白かだけで保存されます。しかしグレースケールの場合は色こそ白と黒しか使いませんが、印刷する際は黒の濃淡(グラデーション)でデータを表現可能です。

画像が多く使われている書類では、グレースケールの印刷がよく利用されています。

グレースケールのメリット3つ

ここからはグレースケールを選ぶ3つのメリットをご紹介していきます。

白黒よりも表現力が高い

グレースケールでは、データの中になる各情報をグラデーション付きで保存可能です。

白黒スキャンの場合、

  • 黒く物体が塗りつぶされてしまい詳細がよく分からなくなる
  • 背景部分の色塗りが抜けてしまう
  • 表現の仕方が雑で物体の立体感が出ない

といったデメリットがあります。

しかしグレースケールスキャンの場合は

  • 黒く物体が塗りつぶされてしまうことはなく、濃淡で詳細がよく分かる
  • 背景部分の色塗りも忠実に再現できる
  • 表現の仕方が複雑で物体の立体感が出て見やすくなる

といった特徴があり白黒のデメリットを解消可能です。

カラーよりもデータ容量が節約可能

グレースケールの場合、白黒と同じ白と黒の2色で色合いを表現します。

カラー印刷を使うと赤や青といった色合いまで含めて、書類を現実に最も近い形で保存できます。ただしデータ容量も大きくなりますし、わざわざ使う必要もない場面も多いです。

グレースケールでスキャンすれば、カラーより再現度は減りますが画像を分かりやすく保存可能です。「カラーのように色合いを保存する必要はないが、図表は分かりやすい状態で電子文書化したい」という場合はグレースケールスキャンが適しています。

またグレースケールスキャンでは取り扱う色の数はカラーより少ない分、データ容量も節約可能です。

カウンター料金を節約できる

スキャンではなく印刷の話になりますが、自社で複合機を利用してカウンター料金でコストを支払っている場合、カラー印刷に対してかなりのコストが掛かってきます。

ただしグレースケールでカラー書類を印刷する設定にしておくと、印刷料金を抑えられるようになります。スキャンだけでなく印刷の際にもグレースケールを使うと、無駄なお金を消費しなくて済むでしょう。

まとめ

今回はグレースケールの概要やメリットなどを解説してきました。

カラーほどの再現度は必要ないが図表を分かりやすくスキャンしたいとき、グレースケールを活用しましょう。カラーよりデータ容量を減らせますし、黒の濃淡で立体的に情報を表現できます。

弊社ではグレースケールでのスキャン代行も取り扱っております。人手が足りなくてスキャンが上手くいっていない方はぜひ弊社へご連絡ください。