電子書籍が普及した理由とスキャン代行の関係とは?

2020/03/05

電子書籍が普及した背景

スマートフォンが開発されて様々な空間の制約からの解放ができました。
本もその一つであります。
小さなスマートフォンの中に数百巻の本が入るなんて驚くことです。
その流れで電子書籍業界は急成長をしました。
さらに業界だけではなく、自分だけのオリジナル書籍を作ろうをとする人たちも大分増えました。
そこで今回は、電子書籍が普及した理由とスキャン代行の関係についてご説明したいと思います。
 

 

スマートフォンの普及

この数年間でスマートフォンやタブレットPCを使う人がたくさん増えました。
電車の中で本を読んでる人より、スマートフォンをいじってる人の方が圧倒的に多いのを否定できる人は一人も居ないでしょう。
しかし、わずか数年で電車の中で本を読む人が居なくなったとは言えません。
紙に印刷された本を読むのか、デジタル化された電子書籍を読むのかの違いでしょう。

 

 

電子書籍とは

ここまで説明したように、国内だけで883社があって新作は勿論、過去の出版物電子化する作業が活発に行われています。
上記に説明したように需要はいくらでもあるため、電子書籍業界はこれからもどんどん伸びていく産業です。

 

 

 

 

スキャナー?

個人でも電子書籍を作ることができます。
スキャナーさえあれば、可能でしょう。
ただ、スキャナーには大きな問題が二つあります。
その1は、高価製品ということです。
普通に文字を読み取れるスキャナーは何十万円もしますね。
その2は、手書きは余程良い性能を持っている機種じゃない限り、読み取れません。

 

 

スキャン代行業者とは

以上の理由により、個人では所有することが難しい、高額なスキャナーを使用したスキャン代行業者が出現しました。
スキャン代行業者とは、個人が所有している文書や本を分離・裁断した後、その内容をスキャンしてPDF形式のファイルにしてくれます。
この電子文書ファイルは、電子インクベースの電子書籍端末やスマートフォン・スマートパッドで読み取ることができます。
スキャン代行業者の主な顧客は、携帯するのは難しい本を移動中のノートパソコンやタブレット、スマートフォンで読みたがる人々です。
こういうプロセスで作られた物は、著作権も問題で電子書籍で公開される場合は低いです。
なので、著作権に縛られてない専門書やオリジナル出版物が主な対象になります。
国内スキャン代行業者は、著作権の議論を防ぐために、電子ブックの最後のページに名前・eメール・IDなどの所有者の情報を表記するようにしていますが、まだ特別な著作権防止措置はない状況です。
完全に元のファイル所有者の良心に委ねざるを得ないのが実情です。
結果的に個人のオリジナル創作品を(日記・落書きなど)含み、著作権から比較的に自由な専門書籍、個人保管用として編集する書籍くらいで纏まると思います。

 

 

マイ電子書籍の魅力へ

パソコンやスマートフォンに慣れてない人たちだけではなく、昔ながらの手書きのノスタルジアを持ってる人たちには、このスキャン代行業者という存在が本当にありがたいです。
皆さんもスキャン代行業者を活用したて、マイ電子書籍を作成してみてはいかがでしょうか?