営業リストの作成は外注したほうがいい?メリットと注意点

2019/08/20

ビジネスをしていく上で顧客の情報は非常に重要になります。また、営業をする上では相手側の情報がまとめてある、営業リストも大切です。営業リストがしっかりと作成できていれば、営業活動も効率的にすることができ、利益拡大につながることでしょう。

そんな営業リストの作成方法ですが、自社で作成する方法と業者に外注する方法の、二つがあげられると思います。実際に営業リストの作成を検討した時に、業者に外注するか、自社で作成するか悩んでしまうかもしれません。今回はそんな時に役に立つよう、営業リストを外注した時のメリットと、注意点をまとめてみました。

 

 

営業リスト作成を外注するメリット

 

精度が高い

営業リストを外注した時のメリットとして、まずはできあがったリストの精度が高いことがあげられます。営業リストの精度はとても重要ですから、最大のメリットといってもいいでしょう。

精度がいい理由としては、リアルタイムの情報でリストが作成されているという点です。営業リストを販売している業者もありますが、そのようなところからリストを入手した場合、すでに倒産している企業が記載してい場合があります。企業は常に、起業や倒産を繰り返していますから、リストの鮮度は高くなくてはいけません。業者に外注した場合は、鮮度の良い営業リストを作成してくれます。

また精度がいい理由として、ニーズに合わせたリストを作成してくれる点もあげられます。リストを作成する場合は、どのような企業をリスト化してほしいか要望もあると思いますし、しっかりと戦略を練って、ターゲットを絞った営業リストの方が効率の良い営業活動をすることができます。

業者に外注することにより、的を得た営業リストを作成することができるでしょう。

 

時間をかけなくてすむ

営業リスト作成は、企業にとって重要な反面、とても時間と労力がかかる作業になります。リスト作成を普段から行なっている人が作業するのであればいいのですが、そうでない人が作業した場合、想定以上に時間がかかってしまう恐れがあります。

また、時間をかけたくないからといって、とくに考えもなくただ作成してしまった営業リストでは営業効率が悪くなり、会社の利益を損ねてしまいます。そのようなことを防ぐためにも、業者に外注するメリットはあると言えるでしょう。

 

生産性を向上できる

営業リスト作成自体では利益を生むことは出来ません。作成した営業リストを活用することによって利益を生むことができます。そのため、営業リストに貴重な人材を使ってしまうことは、あまり効率的とは言えません。

営業リスト作成は外注し、より生産性のある作業に人材を使うことができれば、企業全体の生産性を向上できるでしょう。

 

 

営業リスト作成を外注する時の注意点

 

要望に答えてもらえるか

先ほど、営業リスト作成を外注することにより、要望にあったリストを作成してもらえるといいましたが、要望全てに答えられるとは限りません。例えば、こちらの指定したキーワードで検索してもらえるかも重要です。

もちろん、要望に答えられない場合もあるでしょう。もしかしたら、別な業者であれば答えてもらえるかもしれません。事前に、こちらの要望を伝え対応可能かどうか確認しておきましょう。もし対応ができない時は、他の業者もリサーチしてみましょう。

 

リスト精度は求めるものか

自社で作成するリストよりは精度は高いものを作成してくれると思いますが、それでも業者によってばらつきがあるでしょう。事前にどの程度の精度のリストを作成してくれるか、サンプルを作成してもらいましょう。

そうすることにより、実際に納品されてからの思わぬトラブルを防ぐことができるでしょう。

 

 

まとめ

今回は、営業リスト作成を業者に依頼した場合のメリットと、注意点をご紹介しました。営業リストは企業にとってはとても重要なものになりますので、専門の代行業者を上手に活用し、より効率の良い営業活動をしていきましょう。