経理代行とは?記帳代行との違い。必要なのはどっち?

2019/08/25

経理部を置くほどでもない自営業者、中小企業の強い味方となる経理を代行してくれるサービス。

このサービスには「記帳代行サービス」「経理代行サービス」がありますが、この二つのサービスの違いをご存知でしょうか。この2つのサービスは名前も似ているので、サービス内容の違いがわかりにくいかもしれません。

せっかくサービスを利用して業務を効率化しようとしても、代行してもらいたいサービスがなかったり、必要ないところまで代行されてコストがかさんだりしては勿体無いですよね。

なので今回この記事では「記帳代行サービス」「経理代行サービス」の違いについて見ていきましょう。

 

 

経理代行サービスとは?

「経理」という言葉を聞いて、どんな作業を思い浮かべますか?

なんとなくカッチリした格好でパソコンをカタカタ打っている姿をイメージする方が多いのではないでしょうか。

「経理」とはお金を扱う処理業務全般を指します。具体的には、

・帳簿の記帳

・各種伝票の起票

・請求業務

・支払い業務

・決算書作成

・収支バランスの調整

・取引先の与信確認

・計算書の発行

・税金申告

などの業務があります。

これら経理業務を代行するのが「経理代行サービス」です。

 

 

記帳代行サービスとは?

ここまで読んで、「アレ? 経理業務の中に記帳って書いてあったような…」とお気づきになられた方、正解です。記帳代行とは経理代行の業務の中の

・帳簿の記帳

・各種伝票の起票

を主に代行するサービスなんですね。経理代行の中に記帳代行は含まれているわけです。

 

経理代行より記帳代行を利用した方がいい場合

記帳代行は経理代行に含まれているわけですが、サービス内容が充実している分、掛かる費用が割高になってしまいます。以下の場合には経理代行よりも記帳代行を利用した方が良いかもしれません。

 

費用の支払いや代金の請求を自分で行う場合

会社のお金の流れをリアルタイムで把握したい場合やそこで取引先と交流を図り自分の目で取引先の与信を確認したい方などには、記帳代行を検討する余地があります。

 

税金申告を自分で行う方の場合

代行業務を依頼したい理由が単に伝票整理や書類作成から解放されたいだけの場合には、記帳代行がお勧めとなります。特に税金申告を代行するとなると税理士資格が必要となるために、費用が俄然と高くなってしまいます。もしも費用を出来るだけ抑えたい場合には、書類作成だけ代行して貰って、税金申告は自分で行うようにしましょう。

 

まとめ

どんなビジネスでも経理業務は必ず発生します。どんな業態でも経理業務は共通するところが多く、自社で行おうとすると多くの時間と労力がかかるため、アウトソースに向いている分野です。

日々の取引データの入力を中心に代行を検討しているなら記帳代行サービスが、数値の管理や振込など幅広い経理業務の代行なら経理代行サービスに依頼するのが良いでしょう。

経理業務では複雑な処理が発生することもあります。価格だけでなくいつでも質問ができるところや、アフターケアもしっかりしている代行サービスを選ぶと安心ですね。