ネットショップで売れる商品説明のコツとは?

2019/08/29

ネットショップで商品を購入するとき、みなさんどのようなことを気にするでしょうか?やはり商品の性能や品質であったり、特徴などはとても重要視するかと思います。そのような時にまず注目するのは商品説明ではないでしょうか?

商品説明は、商品を購入するかしないかを判断する上で、とても重要な要素になります。そして、実は商品説明にも売れるためのコツがあります。

そこで今回は、ネットショップで売れるための商品説明のコツをご紹介したいと思います。

 

 

売れる商品説明は、650文字以上

商品説明はテキストの量も大切になります。自分が購入を検討している商品の商品説明が、テキスト量が少なく情報量が少ない場合「やはり心配だから購入するのをやめよう」と考えてしまうかもしれません。

商品内容を、顧客が知りたいことを全て記載しようとすると、自然とテキスト量が増えてきますし、それだけしっかりと説明しているのであれば、顧客も商品に対して信用することができるでしょう。

また、商品説明はグーグルの検索対象にもなりますので、魅力的な文章を作成する必要があります。

したがって、売れる商品説明はテキストが650~1000文字は必要になります。

 

 

魅力的なキャッチコピー

商品説明でとても重要なのがキャッチコピーです。ほとんどの商品の場合、全ての商品説明を読むことはされないと思いますが、キャッチコピーは多くのケースで目に入るでしょう。

魅力的なキャッチコピーを記載することにより、顧客の興味を引きつけ、商品を詳しく知ってもらえるきっかけにすることができるできますので、キャッチコピーはとても重要になるでしょう。

 

 

詳細な商品情報

自分が商品を購入しようと思った時、その商品に対してあらゆる情報を知りたいと思うのは当然と言えます。特にネットショップの場合、商品を手にとって見ることができないため、商品説明でしか情報を知ることができず、店舗販売よりも商品情報を詳しく記載する必要があります。

「作られた場所」「製作者」「日時」「サイズ」「材料」など商品によって記載すべき情報は様々ですが、顧客が何を知りたいかをくみ取り、詳細な商品情報を記載しましょう。

 

 

商品による利益を記載する

商品を購入するにあたり、その商品を購入するとどのような利益があるかをわかりやすく記載しておくことも大切です。ほとんどの場合、顧客はただ商品を購入たいのではなく、商品を購入して受けられる利益が目的でしょう。したがって、どのような利益があるかを記載しておくことにより、購入した後を想像することができ、購買意欲を向上させることができるでしょう。

 

 

専門用語、わかりにくい言葉は使わない

商品説明を見る顧客は、年齢、性別、職業、全てにおいて様々な人見るかと思います。その為、誰が見てもわかりやすい文章にしなければなりません。商品を説明する上でどうしても必要な場合は仕方ありませんが、そうでない場合は専門用語は使わないほうがいいでしょう。また、難しい漢字や表現方法もよくありません。

商品説明は誰が見てもわかりやすいものでなければなりませんので、使用する漢字や、用語、表現方法に注意しましょう。

 

 

ストーリーを付け加える

魅力的な商品説明にするためには、想像しやすいストーリーを付け加えることも大切です。ただ商品情報を記載するだけでは味気ないものになってしまいますし、見る側も飽きてしまい最後まで読んではくれないでしょう。

次が気になるようなストーリーをを付け加えることにより、他にはない特別な商品説明にすることができ、より購入に繋がりやすくなるでしょう。

 

 

まとめ

今回は、ネットショップでの商品説明についてポイントをいくつかご紹介しました。

商品説明は、商品を購入するときに非常に重要なポイントになりますので、今回ご紹介した内容を参考にして、より「買ってみようかな」と思えるような商品説明にしていきましょう。