名刺入力代行のサービス内容とは?便利かつ業績アップにつながる!

2020/12/03
名刺を持つ女性

「名刺の情報を活用する重要さは理解しているけれど、管理ができていない!」
「管理は時間がかかり過ぎて、名刺が溜まる一方」
このような名刺管理や活用に関する悩みを、お持ちの方は多いのではないでしょうか?

そこで検討をおすすめしたいのが、名刺入力の代行サービスです。
名刺入力の代行サービスを利用すると、名刺の情報をミスなくデータ化してくれます。
紙の名刺をデジタル化するので、保管スペースも不要になり、名刺の情報の活用も可能です。

「名刺入力」の代行とは?

名刺入れ

「名刺入力代行」とは文字通り、名刺入力を代行してデータ化するサービスです。

データ化された名刺情報は、ご希望に応じてクラウドに保管もでき、外出先でもご確認いただきます。

またデータ化することで、必要な時に探している人物や企業・部署の名刺を簡単に検索可能です。

人物だけでなく、特定の企業や所属部署などに絞った検索もできます。

さらに営業効率の向上につながる、社内間での名刺データの共有も可能です。

バックアップもでき、データ管理もできるので、名刺のデータ化は非常に価値があります。

しかし、名刺の入力は大変時間を要する、本業の仕事時間の削減にもなる煩わしい作業です。

入力ミスのリスクも高い名刺の入力を代行するサービスが、名刺入力代行サービスと言えるでしょう。

名刺入力の代行に含まれるサービス

iPhoneを持つ人

名刺入力の代行に含まれるサービスとは、何でしょうか?
業者によって、基本またオプションのサービス内容は異なります。
ここでは一般例をご紹介するので、参考になさってください。

①基本項目

名刺の下記の情報は、基本項目として入力代行する業者が多いです。
・氏名
・郵便番号
・住所
・会社名
・部署名
・役職名
・電話番号

業者によっては、オプション料金なしでFAX番号も含みます。

②追加項目

次のような名刺の入力代行が、追加項目としての用意が多いでしょう。
・フリガナ
・メールアドレス
・ホームページURL
・携帯電話番号
・その他

・入力の精度(通常版と高精度版)

追加項目の入力は、各々に追加料金が発生します。
精度については、全て人による手動であっても通常入力と高精度のベリファイ入力から選択可能です。

ベリファイ入力は、同じ名刺のデータ入力を2人のスタッフが行います。
それぞれの入力データの照合により入力ミスの検出をすることで、正確なデータ入力の実現が可能です。

③オプションの選択

続いて、オプションの一例をご紹介します。
オプション料金の支払いで、下記のようなサービスがご利用可能です。
・重複名刺チェック
・重複名刺削除
・ホチキス外し
・ホチキス留め

まとめ:名刺の入力は代行業者に依頼しよう!

いかがでしたか?
名刺の入力を代行業者に発注すると、とても便利で、名刺の情報を活用できます。
ぜひ名刺の入力を代行業者に依頼して、業績アップにつなげましょう!