名刺のアピール性が増す!AR名刺ってなに?

2022/12/05

名刺はデータ化すると社内での共有が簡単になったり、さまざまなメリットを企業へもたらします。

「AR名刺」とは、自己紹介や会社案内等の動画を組み込み、名刺をもらった人がまるで名刺に動画が再生されているように見ることができる名刺です。そして近年では、ARの名刺データ化における活用も進んでいます。ARによって紙の名刺よりもアピール性を高めた名刺を簡単に作成可能です。

今回は、ARの名刺データ化における活用方法の実例などをご紹介していきます。

名刺データをARで制作するにはどのような方法がある?

現在名刺データをARで制作するには、次のような方法があります。

専用アプリを使い名刺を読み取ってもらう

AR専用アプリを制作してQRコード等を読み取ってもらうようにすることで、多機能な名刺を作ることができます。たとえば紙の名刺にQRコードを印刷しておき、アプリ経由で読み込むことで簡単に飛び出す名刺を作ることが可能です。

ただし専用アプリの制作にはコストが掛かり、技術が足りない場合は外注の必要性も出てきます。名刺のデータ化においてはこれからご紹介するWebARの活用で十分な印象はあります。

WebARを活用する

現在ではWebARと呼ばれる、Webサイト上でAR機能を搭載する技術が出てきました。たとえばスマートフォンのカメラでQRコードを読み取ると専用のページへ飛び、そこでAR名刺を見せることができるようになります。

この方法のメリットは技術的ハードルが比較的低いところと、低コストで作成ができる点です。AR名刺を作る専用のツールが登場しており、初心者でも簡単にAR名刺を作成できるようになっています。またコストも専用アプリを作るよりも低くできるので、名刺のデータ化が簡単に実現できる点もメリットです。

AR名刺ではどのようなことができるの?

AR名刺を使うことで、次のようなことができるようになります。

紙の名刺で不足している情報の補足

紙の名刺は情報量が限られるので、簡単に補足ができると安心です。AR名刺ではQRコードを紙の名刺へ追加することで、さらに知ってほしい情報へ簡単にアクセスすることができるようになっています。

アニメーション・動画等を使ったアピール

AR名刺ではデータ化された名刺情報において、

  • アニメーションで自分の画像を回転させながら表示できる
  • 動画で自己紹介ができる

といったアピールができます。

単純に名刺をそのままデータ化して平面で共有するよりも、アピール性が増す点が特徴です。

オンライン上での共有

AR名刺はURLやQRコードを共有することで、さまざまな場所で配布できます。たとえばオンライン展示会でブース内にQRコードを表示、すぐ読み込めるようにできます。

活用範囲が広がるので、紙の名刺のままよりもAR化したほうがおすすめです。

まとめ

今回はARの名刺データ化における活用方法の実例などをご紹介してきました。

名刺をデータ化する際にARを活用すると、データを立体的に表示してアニメーション・動画等を駆使してアピールができるようになります。単に名刺をデータしてそのまま共有するよりもアピール性が高いので、競合他社に差を付けることも可能でしょう。

簡単に制作ができるツールも登場しているので、ぜひAR名刺を自社のマーケティングへ取り入れてみてください。