おすすめの名簿管理アプリはこれだ!名簿はアプリで効率よく管理しよう

2019/05/09

みなさん、名簿管理はどのようにおこなっているでしょうか?手軽に名簿管理できる方法としてアプリを使った方法がありますよね。最近ではスマートフォン対応のアプリも多くリリースされています。とても多くのアプリがあるため、いざアプリをダウンロードしようとしても、どれをダウンロードすればいいか迷ってしまうでしょう。

今回はそんなときに役立てるように、名簿管理アプリでオススメのものをいくつか紹介します。

 

 

Salesforce

Salesforce(セールスフォース)はとても多くの国で使用されている顧客管理アプリです。約20の言語に対応していて簡単に利用できます。顧客情報管理はもちろん、売り上げの分析や予測、担当者管理、案件管理にも使用できます。システム管理者用のSalesforceAというアプリもあるので、こちらも一緒に利用するとさらに効率よく管理ができるでしょう。

 

 

 

Sansan

CMでご存知の方も多いと思いますが、Sansanは名刺情報管理がメイン機能ですが、顧客管理にも実は応用できます。名刺の読み込み、管理という機能を利用し取引先の情報を簡単に取り入れることができます。さらに名刺をスキャンするだけでなく、情報の共有、管理もできるため、会社の売り上げアップにつながるでしょう。

 

 

 

 

ちきゅう

ちきゅうは中小企業向けの商談管理、顧客管理用アプリです。価格が安く必要な機能も揃ってるため、導入経験が大企業でも簡単に使用することができます。スマートフォンにも対応しており、スラック、チャットワークなどもチャットシステムとの連携も可能です。手軽に社内での連絡が取れ、顧客管理もできるため会社の効率化、機会損失の減少に役立つことでしょう。

 

 

 

スパイラル

スパイラルは、高セキュリティなクラウド型のデータプラットフォームです。気軽にアプリケーションを作ることができ、自由にカスタマイズすることができます。また「メール配信」や「アンケート作成」「セミナー管理」など600以上の組み合わせ自由な機能があり、使用方法は多岐にわたります。クラウド型のため、情報共有もかんたんにできます。

各企業に合った機能を選び、組み合わせることができるので企業活動をトータル的にサポートすることができるでしょう。

 

 

 

Zoho CRM

Zoho CRMは、「顧客を惹きつけ、離さない」というコンセプトを元にしており、各企業が抱えている問題点や改善点の判断を可能にして顧客管理アプリケーションです。導入コストが非常に低く、必要最低限の手間とコストで導入できるため、個人事業主や中小企業に向いたアプリケーションです。初期費用はゼロで運用費用もかかりません。外部アプリケーションとも連携可能なのも魅力の一つです。

 

 

 

 

ユビレジ

ユビレジは、全世界の店舗で採用されており、その数は2万を超えます。全世界発のiPadのPOSレジシステムとして多くの店舗が利用しています。

iPadのみでしか利用できませんが、POSレジシステムでの顧客管理が可能で、購入履歴の閲覧、購入者の性別、年齢などの顧客情報の管理分析をすることもできます。飲食店や小売店での利用が多く、レジ会計、顧客管理、顧客分析を全て行えるとても便利な管理アプリケーションです。

 

 

 

 

eセールスマネジャーRemix Cloud

eセールスマネジャーRemix Cloudは営業支援システムをメインとした管理システムです。

多くの管理機能を揃えており、スケジュール管理、日報管理、顧客管理に対応しています。スマートフォンアプリを標準で利用でき、名刺情報をテキスト化できる「Remix Mobile」と利用可能です。

 

 

 

 

まとめ

今回は、おすすめの名簿管理アプリをいくつかご紹介しました。名簿管理アプリは手軽に使うことができ、スマートフォンで外出先でも管理することができます。しかし、名簿管理アプリはあくまで管理するのが目的であり、データ入力を自分たちで行うのは大変労力を必要とするでしょう。

データ入力は業者に依頼して、名簿管理をアプリで行うという仕組みがもっとも効率がいいのではないでしょうか?