スマホでの文字入力を効率化!メモ帳アプリのおすすめ3選

2021/02/22

スマホでちょっとした文字入力を行いたいとき、役立つのがメモ帳です。その場でサッと内容を入力して保存できれば、後ほどパソコンでの本格的な文字入力の際にも活用できるので便利です。

メモ帳アプリにはいろいろなものがあるので、簡単な選び方を覚えておきましょう。

今回は文字入力においてスマホをよく使う方向けに、メモ帳アプリの選び方やおすすめのアプリなどを解説していきます。

クラウド共有機能は重要!メモ帳アプリの選び方ポイント

メモ帳アプリを選ぶときは、次のポイントを確認しておきましょう。

  • クラウド共有ですぐメモした内容を保存できるか
  • 手書き入力だけでなく音声入力も可能か
  • 整理や検索に対する機能が充実しているか

スマホでの文字入力作業はパソコンのサブ作業であるケースも多いので、メモした内容をすぐクラウドにて共有できると便利です。クラウド共有機能がないとスマホを直接パソコンへ接続したり、メモの内容をメールで送信してからデータをパソコンで取り出すといった手間が掛かってしまいます。

またスマホを使っている際は手が使えない場面も多いので、音声入力でのメモにも対応していると便利です。最近では「AI(人工知能)」の活用によって音声入力の精度も向上しており、十分使えます。

さらにデータの整理や検索に対する機能が充実しているかもポイントです。メモした内容をすぐ確認できないと文字入力作業が非効率になってしまいます。

大手企業が出しているアプリも!文字入力に使えるおすすめのメモ帳アプリ3選

ここからは文字入力に使える特におすすめのメモ帳アプリを、3つ厳選してご紹介していきます。

Google Keep

「Google」が公式提供しているメモ帳アプリです。

  • 音声メモ機能で音声入力が可能
  • レシートなどの写真を撮影しておけば整理や検索が簡単になる
  • リアルタイムでメモ内容を共有して編集ができる

といった特徴があり、スマホやタブレット、パソコンを問わず利用できるので利便性も高いです。

ColorNote

メモした内容を色で塗り分けて表示できるので、簡単に管理可能です。また「Googleアカウント」などの各アカウントでログインすれば、オンラインでデータを同期させながら自動バックアップが取れるのも特徴になっています。

カレンダーにメモ内容をリンクさせて業務管理ができるようになっているのもポイントです。

Simplenote

  • クイック検索で必要なメモをすぐ見つけられる
  • タグやピンで内容を分かりやすくまとめられる
  • バックアップと同期が自動で実行されるのでデータが紛失しにくい

といった特徴のあるメモ帳アプリです。機能自体はシンプルで目立ったものはありませんが、余計な機能がないのでスムーズに使えます。

パソコンとのデータ共有も簡単なので、文字入力作業にも向いています。

まとめ

今回はメモ帳アプリの選び方とおすすめアプリなどをご紹介してきました。

メモ帳アプリを選ぶ際は、クラウド共有や音声入力などの機能が搭載されているか確認してみましょう。そして自分が実際に使ってみて役立つか確認するのもポイントです。

ぜひいろいろなメモ帳アプリを試して、文字入力作業に最適なアプリを決定してみてください。