ヒューマンエラーが多い方必見!文字入力でのタイピングミスの減らし方

2021/02/18

文字入力においてはキーボードを見ずに入力を行うタッチタイピングだけでなく、ミスなく文字を打てるかも重要になってきます。タッチタイピングはできても指を置くポジションを間違っていたりすると、文字入力の作業効率が下がってしまいます。

正しい方法でキーボードを打てるように各対策を行っていきましょう。

今回は文字入力作業の正確性を上げたい方向けに、タイピングミスを減らす方法を解説していきます。

指を置く場所は正しいですか?タイピングミスが増える原因

タイピングミスが増えてしまう原因として、次のようなものが考えられます。

速度を重視し過ぎている

タイピング速度を重視し過ぎると、返ってミスが増えて面倒になる可能性が高まります。

キーボードではすぐ隣が別のキーなので、焦って打つと隣のキーばかりを押して関係ない言葉が入力されてしまう危険もあります。

姿勢が悪い

パソコンでキーボードを打つ際、

  • 腕を伸ばし過ぎ
  • パソコンから近過ぎ

といった理由でキーボードが効率よく打てない姿勢のまま文字入力を行う方もいらっしゃいます。姿勢が悪いまま文字入力を続行してしまうと思わぬところでタイピングミスが発生しますし、体を痛める原因にもつながってしまいます。

ホームポジションに指を置いていない

タイピングの基本として、「左の人指し指は「F」キーに置くといったホームポジションを意識する」があります。しかしホームポジションに指をそもそも置いていない、指がポジションから動きがちといった理由から上手くタイピングができない方もいらっしゃいます。

キーボードが自分に合っていない

キーボードの押し込み具合が浅かったり、キー同士の幅が近過ぎたりすると作業効率が落ちる可能性があります。もちろん押し込み具合が浅いほうが好きといった方もいらっしゃるので、実際に打った心地で自分とキーボードの相性がよいか判断してみるとよいでしょう。

機器を新規購入するのもよい!タッチタイピングのミスを減らす方法

ここからはタッチタイピングのミスを減らす方法を解説していきます。

ゆっくりタイピングしてミスする箇所を改善する

ゆっくりタイピングしてみると、自分のタイピングの癖がつかみやすくなります。たとえば「自分は「A」と「S」をよく打ち間違える」という場合は、左の小指や薬指などの動きを改善するとよいでしょう。

姿勢を正して、場合によっては機器を購入してみる

パソコンから正しい位置でキーボードを使うのもポイントです。もし今の環境で正しい姿勢を確保しにくいのならば、

  • PCチェア
  • PCスタンド

といった用品をそろえて購入してみるのも手です。特にテレワークで自宅の作業環境を改善したい方には、用品の購入をおすすめします。

ホームポジションを意識しながら、指を大きく動かさない工夫をする

ホームポジションについてもう一度理解して、指をポジションから大きく動かさないようにするとスムーズにタイピングしやすくなります。

たとえばショートカットキーを多用すれば、キーを打つ位置をいちいち変えながらタイピングする場面が減るのでホームポジションを維持可能です。

自分に合ったキーボードを購入する

ノートパソコンを使っている場合は、特にキーの押し心地や幅などに問題を感じる場面が増えます。ノートパソコン内蔵のキーボードは携帯性を重視して、打ち心地を犠牲にしているケースも多いからです。

外付けのキーボードを別途購入するだけで、作業環境が改善されて文字入力のタイピングミスが減る可能性が高まります。安ければ1,000円程度でもよいモデルが入手できるので、ネットショッピングサイトなどで調べてみましょう。

まとめ

今回はタイピングミスを減らす方法を解説してきました。

タイピングミスを減らすには姿勢を正したり、ホームポジションを意識したりすることが重要です。場合によっては用品や機器を新規購入して、タイピングミスを減らせる環境を構築してみてください。

タイピングミスを減らして文字入力作業を効率化しましょう。