文字入力の依頼先を見つけやすい!おすすめのクラウドソーシングサービス3選

2020/12/24

文字入力を外部へ依頼するにはさまざまな方法があります。その中でも「クラウドソーシングサービス」を活用した文字入力作業の外注はコストを安く済ませられる方法として人気があります。

ただしクラウドソーシングサービスにもいろいろあるので、文字入力を依頼するには信頼できる先を探せるようにしておくことが重要です。

今回はクラウドソーシングサービスの中でも、文字入力作業を依頼しやすいサービスを3つ厳選してご紹介していきます。

文字入力代行のワーカーを見つけやすい!おすすめのクラウドソーシングサービス3選

ワーカーとして文字入力作業の働き手を見つけやすいクラウドソーシングサービスは、次の3つです。

クラウドワークス

クラウドソーシング業界でトップの人気を誇るサービスです。300万人以上の登録ユーザー数を誇り、有名企業も複数依頼を掛けているのがポイントです。

クラウドワークスには「タスク」というワーカーとの契約が不要な仕事形式があります。タスクを活用すると興味のある方がすぐに仕事を始められるので契約の手間が掛かりませんし、単価を安く設定しやすいのでスポットの仕事がある際に活用できます。

また長期間ワーカーに仕事を任せたい場合は、直接契約を行い「プロジェクト」として仕事を進める方法もあるのがポイントです。クラウドワークスには「プロクラウドワーカー」という認定制度があり、一定の基準をクリアしたプロクラウドワーカーと契約を行えば安心して仕事を任せられます。

ランサーズ

ランサーズはクラウドソーシングサービスの中では老舗に当たるサービスです。案件数も安定しており複数のワーカーが仕事を受け持っています。

ランサーズにもタスク形式の仕事が用意されているので、掲載を行えば契約不要で文字入力作業を代行してもらえます。また「認定ランサー制度」が提供されており、認定を受けた実力あるランサーに文字入力依頼を掛けることができるのもメリットです。

ランサーズだけだと契約が集まらない場合もあるので、クラウドワークスと併用して代行を依頼してみるのも手です。実際複数の企業がランサーズとクラウドワークスで同時依頼を掛けています。

シュフティ

「シュフティ」は主婦の副業に特化したクラウドソーシングサービスです。

すき間時間にお金を稼いでいる方が多いので、長期的なパートナーを探すのには適していないかもしれません。しかし副業として安い値段で仕事を請け負っている方もいらっしゃるので、コストを抑えながら文字入力作業を任せられるのがメリットです。

一時的に文字入力代行作業が発生した場合に使えるクラウドソーシングサービスです。

高品質の文字入力作業を依頼したいときは、専門業者への依頼がおすすめ!

クラウドソーシングサービスを使えばコストを抑えて文字入力代行先を探せます。ただしワーカーの質はバラバラで、質の高い自社に合ったワーカーを探すには手間が掛かるのもデメリットです。

文字入力代行の専門業者に任せれば、クラウドソーシングサービスより多少コストは上がるかもしれませんが自社で文字入力するよりコストを下げられる上に品質も保証されています。長期間代行できるパートナーを探している場合は専門業者への依頼も考えてみてください。

弊社では文字入力やスキャニングなどさまざまな仕事を代行しています。気になる場合はぜひご相談をお願い致します。

まとめ

今回は文字入力代行に使える3つのクラウドソーシングサービスのご紹介を行ってきました。

上手くクラウドソーシングサービスを使えれば、コストを抑えて文字入力代行を依頼可能です。ただし長期的に高品質の文字入力代行作業を依頼したいときは、安定した作業時間を確保できる専門業者のほうが確実です。

「単に文字入力するだけでなく要約といった作業も必要」という方は、ぜひ専門業者への依頼を検討してみてください。