自力・クラウドソーシング・専門サービス!写真切り抜きをしたいときどの方法がおすすめなのか解説

2021/07/08

写真切り抜きは地味ですが何かと必要な場面が多い作業です。

写真切り抜きをするにはいろいろな手法がありますが、あなたが置かれている状況によって適切な手法は変わってくるので注意しましょう。

今回は写真切り抜きをどうやって実行するのか迷っている方向けに、具体的な手法とケースに合った適切な方法をご紹介していきます。

写真切り抜きを実行するには?作業規模やコスト削減効果などで必要な手法は異なる

写真切り抜きを実行するには

  • ソフトを使って自力で加工する
  • クラウドソーシングサービスへ外注する
  • 専門の切り抜き業者へ外注する

といった方法があります。

そして作業規模やコスト削減効果などでとるべき方法は変わってきます。

たとえば「画像の切り抜き作業がそんなに発生しない」という場合はソフトを使って自力で加工したり、クラウドソーシングサービスへ発注する方法が有効です。逆に「画像の切り抜き作業が作業時間を圧迫するほどに発生する」という場合は、専門の切り抜き業者を検討してみましょう。

あなたの環境ではどの方法が一番よい?ケースごとに適切な写真切り抜き手法を解説

ここからはモデルケースごとに適切な写真切り抜き手法を解説していきます。

作業量:小、作業頻度:小の場合は自力で加工

「作業量は数点程度、また作業頻度が毎月1回など少ない」という場合は外注しても大きな作業効率化やコスト削減効果が見込めません。自力で加工して写真切り抜きしたほうが楽です。

「Photoshop」といった有料ソフトを使ってもよいですが、簡単な切り抜きであれば「Gimp」のような無料ソフトやツールを使えば十分可能です。

作業量:中、作業頻度:少~中の場合はクラウドソーシングサービスへ

「作業量は10点などそこそこある、作業頻度も2週間や1週間に1回などそこそこ」という場合はクラウドソーシングサービスへ依頼してみましょう。

クラウドソーシングサービスでは自分で自由に依頼内容を決められるのがメリットです。ですから業者へ頼みにくい小ロットの注文も出せます。また料金も安く済ませられる方法があるのもメリットです。

作業量:多、作業頻度:多の場合は専門業者へ

「作業量が30点など多い、また作業頻度も2~3日に1度など多め」という場合は専門業者へ依頼をしてみましょう。

専門のスタッフが素早く切り抜きしてくれますし大量の発注に向いています。発注ボリュームによってはディスカウントも受けられるのでお得です。

作業量や作業頻度が多いと他の作業が圧迫されます。またクラウドソーシングサービスで人員を確保するのも時間が掛かるので専門業者をパートナーとして見つけてみましょう。

まとめ

今回は写真切り抜きの具体的な手法とケースに合った適切な方法をご紹介してきました。

写真切り抜きの方法はいろいろありますが、作業量や頻度によって取るべき方法は違ってきます。スポット的な作業は自力で作業したりクラウドソーシングサービスへ依頼しても大丈夫です。ただし作業量や頻度が多い切り抜き作業は専門業者へ依頼して楽をしてみてください。