Macで使える!フリー画像編集ソフト・アプリをご紹介!

2019/11/16

画像切り抜きや画像編集技術は、色々な場面で使われることが多い技術です。

そしてそのような機能を持っている代表的なMac対応のソフトといえば、IllustratorとPhotoshopではないでしょうか?

しかしこの両方のソフトは月額料金がかかる有料のソフトで、決して安いものではありません。仕事でデザインなどをしていなければ使い方も分からないかもしれませんから、扱いが難しいソフトになります。

もしかしたら、画像編集をしたいのにどのソフトを使っていいかわからないといった方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、Macでも使えるフリーの画像編集ソフトをいくつかご紹介したいと思います。

 

 

Pixlr

このソフトは画像の切り抜きや画像のぼかし、図形の挿入、テキストの挿入など画像編集に必要な機能をほとんど備えているソフトになります。

日本語対応していないところは残念ですが、わかりやすいアイコンが備わっている為直感的に誰にでも操作できる仕様になっています。

無料ソフトとは思えないくらいのクオリティの高い画像編集ができると思います。

 

 

Seashore

基本的な画像編集が可能な画像編集アプリになっています。

Macのみに提供されている為、Macとの相性がとてもいいソフトになっています。

こちらのソフトも英語表記になっていますが導線がわかりやすい為、英語がわからない人でも無理なく使えるソフトになっています。

 

 

Picasa

こちらのソフトはグーグルが提供するソフトになっています。保存できる容量がとても多く大量の写真や画像を保存したい場合や、他のユーザーと共同で作業したり、画像や写真を共有して管理したい場合などには優れたソフトとなっています。

 

 

 

 

image Tools

Macのパソコンには最初から搭載されている場合の多いソフトになります。

画像のリネームだったり、画像のリサイズ、ウォーターマークの挿入なども一括して簡単にすることができます。

複数枚の画像処理も可能ですので、色々なパターンの画像を処理したい時にも手際よく作業することができ、とても重宝する画像編集ソフトになります。

 

 

Monosnap

画像に図形、テキスト、矢印などを挿入したり、ぼかしなどの特殊加工をする時にはとても便利な画像編集アプリになります。

Dropboxなどのクラウドストレージとも連携することができるので、簡単に画像を保存して管理することができます。

mp4形式での保存にも対応しており、動画として作成することもできますので幅広い使い方ができるようになっています。

 

 

BrowseShot

こちらのアプリは、webサイトのページ全体のスクリーンショットを撮影することができるアプリです。

デスクトップ上を撮影するだけならアプリケーションやMacのデフォルト機能でもできますが、サイト全体をスクリーンショットできるアプリはあまりないので、場合によってはとても重宝するでしょう。

 

 

 Art Text 2 Life

こちらはアイコンやロゴを作成することができるアプリになります。

あらかじめ用意されているテンプレートを使用してロゴを作成することができます。操作もロゴにしたい画像を取り込むだけですので、誰でも簡単に使用することができます。

日本語に対応しているところも使いやすい要素の一つになっています。

 

 

まとめ

今回は、Macで使えるフリーの画像編集ソフトをいくつかご紹介しました。

画像編集ソフトは色々な場面で使える、とても便利なソフトになります。有料のものを試す前にまずは無料のものを試してみて、不満があるようなら有料のものを使用してもいいでしょう。

またビジネスで使うような画像編集はクオリティが求められますので、自分たちでは難しいかもしれません。そのような場合は無理をせずに専門の代行業者に依頼してみましょう。