photoshopで髪の毛を簡単に切り抜きする方法

2019/06/18

以前、フォトショップ を使って画像を切り抜く方法をご説明したかと思います。

フォトショップで画像をきれいに切り抜きする方法

紹介した方法は、ペンツールを使った切り抜き方法と自動選択ツールを使った方法です。この二つの方法を使用すると画像を簡単に切り抜くことができますが、人物の髪の毛や草木など細かい部分は切り抜くことはできません。そこで今回はフォトショップを使って髪の毛を切り抜く方法をご紹介したいと思います。

 

 

「選択とマスク」を使って切り抜く

今回使う機能は「選択とマスク」という機能になります。以前のバージョンであれば「境界線を調整」という機能でしたが、バージョンアップにより名前が変わりました。切り抜く画像もできれば背景と、切り抜く被写体とのコントラストの差が大きいものの方が綺麗に切り抜くことができますので、なるべくコントラストがはっきりしている画像を用意しましょう。

 

 

髪の毛をパスで囲む

まずは切り抜きたい髪の毛の範囲をだいたいでいいので「ペンツール」を使って囲みます。ペンツールの使い方は以前ご紹介しましたので、そちらの記事を参考にしてください。ペンツールで大雑把に囲むことができたら、マウスの右クリックで「選択範囲を作成」を選びます。そうすると囲んだ範囲を、選択範囲に変更することができます。

 

 

 

 

選択した範囲「選択とマスク」を使う

選択範囲を作成することができたら、「選択とマスク」を使って切り抜きていきます。「選択とマスク」を使うにはいくつか方法があります。

①選択ツールを選んだ状態で右クリックをして「選択とマスク」を選ぶ

②選択ツールを選んだ状態で表示されるオプションバーから「選択とマスク」を選ぶ

③メニューから「選択範囲」選んで選択とマスク」を選ぶ

④ショートカット「command+option+R」を使って選ぶ(macの場合)

上記のいずれかの方法を使い「選択とマスク」を起動させたら、画面左側にあるツールのコマンドのうち、上から2番目の「境界線調整ブラシ」を選んで、子供の部分と背景の境界線をなぞっていきます。もしブラシの大きさが小さくてやりずらいようであれば、画面左上にある数字を変更することにより、ブラシのサイズを変更することができますので、使いやすい大きさに変えてみましょう。「境界線調整ブラシツール」を使うことにより、境界線をなぞるだけで髪の毛を残し、背景のみを消すことができます。

 

 

調整をしてよりきれいに切り抜く

「境界線ブラシツール」で髪の毛を残し、背景のみ消すことができたら、「選択とマスク」を起動した時に画面右側に表示される「エッジの検出」や「グローバル調整」で細かい調整ができます。この調整をすることにより、よりきれいにわかりやすく、髪の毛の部分を切り抜くことができるようになります。

 

 

切り抜いた部分をレイヤーにする

最後に切り抜いた部分をレイヤーにして作業は完了です。画面右側に表示されるコマンドのうち一番下にある「出力設定」の「出力先」を「レイヤーマスク」にして「OK」を押せば、切り抜いた部分をレイヤーにすることができます。また、切り抜いた状態で「OK」をクリックし、「自動選択ツール」を選んで右クリックすると「選択範囲をコピーしたレイヤー」というコマンドがありますので、そちらを選択してもレイヤーにすることができます。以上で作業は完了です。

 

 

まとめ

今回は「選択とマスク」を使って画像から、人物の髪の毛部分を切り抜く方法をご紹介しました。この方法を使用すれば、他にも草木だったり動物の毛の部分だったりと、細かい箇所をきれいに切り抜くことができるでしょう。今回ご紹介した方法と、以前ご紹介した「ペンツール」と「自動選択ツール」を使えば、ほとんどの画像を切り抜くことができると思います。

しかし、画像切り抜きはとても時間がかかりますので、大量の画像を切り抜く場合は、専門の業者を活用したほうが効率がいいでしょう。