面倒な名刺入力やテキスト化作業を1枚18円で業界最安値挑戦中!

電話お問い合わせ お問い合わせフォーム

画像切り抜きについて



画像切り抜きはショッピングモール、ウェブサイト、通販雑誌、広告等で幅広く使用できる一方、個人で行う作業としてはハードルの高さが懸念材料となってしまいます。
画像切り抜きの過程。個人と業者の比較。切り抜き画像の実際の活かし方のパターンを一緒にみてみましょう!


画像切り抜きはこんな方におすすめ


お客様へ商品の魅力を伝えるために、ひと手間かけたい!という以下のような目的を持った方に特におすすめです。
  1. ECモールへの出品
  2. Amazon、楽天、ebay、Yahoo!、Paypal、自社HP
    インターネットで物を売りたい業者の方。自社HPで商品を販売する方。

  3. 紙媒体掲載…
  4. カタログ・通販・チラシ用(紙媒体)
    紙媒体に商品を併催し、販売する方。

  5. オークション・フリマアプリへ出品の方
  6. メルカリ、ラクマ、ヤフオク!

画像の切り抜きは、他にもこんな業界の方におすすめ!
印刷業界、メディア業界、流通業、メーカー様



個人でおこなう画像加工でのお悩み


画像加工で挫折していませんか?

ご覧になっている方の中には、「切り抜き画像の商用転用」つまり、ネットショップ・ECモール・カタログ(WEB&紙媒体)で商品を紹介したいと考えている方が多いのではないでしょうか。
しかし、もしも手元に販売したい商品と写真・画像はあっても…

  • 「どうしたら売れるの?」
  • 「何が違うの?」
  • 「どうしても魅力的に加工することが出来ない!」
  • 「モールの基準の画像って、作るのが難しい!」
  • 「画像切り抜き加工に、こんなに長時間かかるなんて!」

と…調べた結果や、実際の作業の難しさから、ハードルを感じる方が多いのです。
実際にあなたの部署・会社・自分自身で、商品写真の加工に挑戦しても、画像切り抜きには技術が必要で、ソフトや機材は予想外に高額。ひょっとして…出品を止めてしまおうと考えた、プチ挫折の経験もあるのではないでしょうか?
通販・ネットショップ(ECモール)の開設・出品で味わうハードルNo.1は、商品画像の作成とも言えます。言い換えれば、素人には困難な作業=画像加工であり、誰でも頭を抱える作業なのです。


画像はやっぱり加工が必要!

「画像加工無しの出品」も出来るのですが、これらの業界は切り抜き画像無しの出品は、暗黙のルールでタブーとなっています。
それは、画像切り抜きや白背景、サイズ指定等様々な加工を行うと、売れ行きが明らかに違うからなんです。これが消費者心理というものなのでしょう…キレイに商品紹介した方が確実に、売り上げに繋がります!



切り抜き画像の利点


切り抜き画像はどこにでも…
ア〇ゾンのスマホケーブルも…
資〇堂の新製品の広告も…
ユ〇クロのアプリの商品一つ一つも…
ア〇クルのカタログにのっている商品も…
折込チラシのスーパー特売品も…

これら全て、切り抜かれて加工されている画像なのです。
商用の商品は、すべて切り抜かれて・加工されています。
そうしてこそ、商品の本当の良さをお客様に分かってもらえるからなんですね!では、なぜ加工された商品画像が販売側からもお客様からも支持されているのでしょうか?


一瞬のインパクト

あなたがネットサーフィンしている時、画像を見ている速度はどの程度かご存じですか?

人がひとつひとつの情報に目を向けるのはほんの一瞬。約0.2秒程度と言われるほど短いのです。
この0.2秒で伝える力が、すなわち商品・サービスを知らせる力であり、画像が多いと、伝わる情報量が増えます。使用イメージ・家でどう使うかをイメージするのです。

例えば、同じ商品が2つ並んでいます。
あなたはどちらを購入したいと思ってクリックしますか?

A

切り抜いていない座布団背景・テーブル・商品

切り抜いた座布団商品のみ

B

切り抜いていないカバン背景・影・商品

切り抜いたカバン商品のみ


これは何が違うか一目瞭然ですね。
直接店頭にいけないからこそ、必要な画像での情報。

Aの商品は、テクスチャーが見える事で非常に購入意欲が湧きます。雰囲気も勿論必要ですが、実際お店に行けない分、より商品の特徴を際立たせる為に、背景を白にする事で商品自体が印象付きます。
Bの商品は、背景を白抜きする前の画像と白抜き加工済みの画像では、商品自体の色が違って見えませんか?
周りに余計なモノが無いので、商品がくっきりと魅力的に映ります。
これが先ほど話した0.2秒の情報量を画像に落とし込むというものです。

これがインパクトに繋がり、記憶に残るので、他の商品を見た時にも

「前に見たときのほうが…」
「あれ?この間見た商品の方が良かったな」

と自分の頭の中で情報をより選別し、想像力と記憶力を使い、商品を比べるわけです。



画像切り抜き項目の種類


標準作業

画像を切り取る作業は、どの業者も一律料金ではなく、難易度別に料金が異なります。今回は、このページを運営しているビーアウトの価格を参考に見ていきましょう

価格表

見積書 加工内容
加工難易度:低 19円~ 凹凸や穴抜きなどほとんどなく、直線での加工
加工難易度:中 90円~ 凹凸が多い、穴抜きが多い、など標準的な加工
加工難易度:高 200円~ 凹凸が細かいなどやや複雑な加工
加工難易度:超 別途見積もり 髪の毛や格子状のものなど非常に細かな加工

ビーアウトURL参照

画像は切り抜き・白抜きに限る!

商品画像の背景を白色にする理由。それはズバリ、よく売れるから!
シンプルな白の背景の商品写真のアクセス、コンバージョンが共に高くなる傾向があるのです。つまり、お客様がより多く売り場に足を運んでくださる分、注目されて、よく売れるということに繋がるのです。

※コンバージョン率は商品品目によって変動します。

オプション作業

価格表

パス作成 20円~
リネーム 10円〜
影作成 15円~
色変換 15円~
トリミング 30円~
リサイズ 5円~
色補正 10円~
文字入れ 15円~



切り抜き画像の活用例



9割は画像のチカラだ!

画像が多いと、伝わる情報量が増えます。インパクトが残り、強い印象はやがて記憶に繋がります。
そのため、使用しているイメージ、自分が使ったら等のイメージがわきやすくなるなど購買意思決定に繋がるのです。
つまり、買うか買わないかの9割は画像に掛かっていると言っても過言ではありません。

百聞は一見に如かず、という言葉もあるように文字の商品説明には限界があります。
視覚情報は、主観的でポジティブな情報を得やすいのです。切り抜き画像を活用することで、商品を実際に手に取り購入する「店舗型販売」と同じような感覚で、お客様にショッピングを楽しんでいただくことができるのです。
例えば「部屋に飾るオブジェ」を探している方へ文章で「今話題のハーバリウム!小瓶に入った可愛いお花のオブジェ」と説明文を書いても、購入に至る方は少ないです。
しかし、主観的な情報が画像切り抜きしたものが商品説明画像としてあれば、より信頼性の高い情報として、閲覧することができるので、結果的に購入に至るケースが多い傾向にあります。


あなたはどっちを買いますか?
文字のみ OR 文字と画像
「今話題のハーバリウム!小瓶に入った可愛いお花のオブジェ」お花のオブジェ
「今話題のハーバリウム!小瓶に入った可愛いお花のオブジェ」
「カラーバリエーションは4色〈オレンジ・ブルー・ピンク・グリーン〉お部屋の雰囲気に合わせてお選び頂けます♪」「カラーバリエーションは4色」
たくさんのお花のオブジェ
「〈オレンジ・ブルー・ピンク・グリーン〉お部屋の雰囲気に合わせてお選び頂けます♪」


商品の価値を高める画像のチカラ


同じ商品が羅列し販売されていても、その中から抜き出て1番に目立つ必要があります。
視覚から情報が入る…ということは同じ商品でも同じなのでしょうか?

ーそれは違います。
加工した詳細画像のある方が、目から入る情報とインパクトが大きいものになります。
ということは、商品画像を切り抜いたり、編集することは商品の価値を底上げすることになります。
画像の切り抜き以外でも、商品画像に編集を加えてみてください。お客様の購買意欲が高まり、ビジット、コンバージョンが上がり、売り場が盛り上がること間違いなしです!


モールに出品できる

画像切り抜きを行うと、モールへの出品ができます。そのためには、モールごとに基準内の画像加工にする必要があります。
同時に、魅力的な売り場を整え、お客様に商品カゴに入れてもらえる工夫も必要となってきます。発注、見積もりの際の参考にしてみてください!



切り抜き画像の活かし方


切り抜きすべき画像は?

実際にネットショッピングをする時を思い浮かべてください。購入を決める決定事項になった事は何でしょうか?
さて、実際にルームウェアの購入を例に見てみましょう。

    【決め手】
  • ・質感 ⇒素材感がわかりやすく出ていた
  • ・角度 ⇒前後左右いろいろな角度から商品を眺めることができた
  • ・色  ⇒いろいろな色を見ることができた
        ⇒商品のカラーバリエーション
  • ・着用 ⇒モデル着用時の画像から使用時のイメージがわきやすかった
        ⇒モデルが自身の体型に近かった
  • ・場面 ⇒実際に家の中で着用していた画像から雰囲気に合うと感じた

上記であげた「購入の決め手」は全て、文字と画像の両方から得られる情報ですが、ネットショッピングは0.2秒で見流されてしまいます。
例えばメイン画像はしっかりとしていて思わずクリックさせることに成功しても中身が伴わなければいけません。
カラーバリエーションや詳細画像等のサブ画像がなかった場合、他のショップに流れていきます。ならばどうしたらよいのか?
切り抜きすべき画像に関してはズバリ「商品を手に取った感覚の画像」であればいいわけです。
決め手で述べたように、商品を売りたい、紹介したい場合は消費者の見たい角度、見たい部分を注目させる必要があります。何故なら消費者はその画像を見て実際の商品を想像し、頭の中でチェックするからです。


モールへの出品と約束事

ECモール出品の際には、各モールごとに画像加工の基準があります。
メイン画像が商品画像のルールに沿っていない場合、出品情報が非表示(検索対象外)となる場合や。販促メールや特集ストアの掲載対象外となるなど露出機会が減少し、売り上げ減少の原因になります。
せっかく商品を仕入れたのですから、他社に負けないよう〈魅力的&基準内の画像加工〉をプロに依頼してみましょう!



結論


あなたと同じ商品を売ろうとする会社は多数あります。
その中でダイヤの原石のように、魅力的で思わずクリックしてしまう1枚に仕上げなければいけません。見た目で判断するのが消費者です。
どんなにその商品におまけや+αの特典をつけたとしても、それをパッと見た時…一瞬でその情報を見つけられなければ意味はないのです。

桜の木の前に立つ女性 「画像白抜きって?」
「切り抜きってどうやるの?」
「パス?輪郭?背景って何?」
「余計なものはそうやって消すの?」

と思っている方!
画像切り抜きはあなたの紹介しようとしている商品や情報の注目度を上げて、より付加価値のあるものへと変換してくれる…一歩です!

https://b-outsource.com/clipping/

画像切り抜きのプロに任せるだけであなたの手間が減ります!
Photoshopや各種画像ソフトをダウンロードし、加工する技術も必要なし!
商品の魅力を引き出す加工をプロが作業します!
外注・委託するだけで切り抜きが簡単!
画像切り抜き・写真切り抜きの年間、月間に加工している数が桁違い!

【商品もマルチに対応】
家電 電化製品 衣料品 洋服 靴 建築資材 ブランド品 化粧品 医薬品 医薬部外品 食品 自社商品

【毎月ご契約頂いている業種も様々】
貿易業 個人事業主 商社 問屋 小売業 卸売業 教育業 ドラッグストア

数量は100、500、1000、2000、10000枚作業しているプロにお任せ!
まずはお見積り!詳細はお電話でお問い合わせください。