「テープ起こし」で広告がたくさんヒットするのはなぜ?危険な業者が混じっている可能性もあるので注意

2021/07/20

皆さんは「テープ起こし」と検索エンジンに入力して気付いたことはありませんか?

ヒットした記事一覧と同じ見た目で「広告」と書かれたリストが一番上と下に表示されると思います。目線的には上は目立ちますし、スクロールした際最後まで見れば下の広告も目につきやすくなります。

なぜテープ起こしと入力すると広告が多数ヒットするのでしょうか?今回はこの広告の謎や注意点などをご紹介していきます。

広告の正体はリスティング広告!検索エンジンのキーワードに応じて表示される

検索結果において「広告」と付いたリストが表示されるのは、それらが「リスティング広告」という枠で条件によって表示されるからです。

リスティング広告とは検索結果と連動して表示される広告で、専門的に言うとネイティブ(自然な)感じ、つまり通常の検索結果になじむ形で表示される広告です。広告と言うマークはありますがそれ以外に通常検索結果と大きな違いはありません。

リスティング広告が表示されるかはユーザーが検索したキーワードによります。たとえば「Webサイト 運営 代行」と検索すればWebサイト関連の業者がリスティング広告表示されます。基本的にユーザーが興味のなさそうな内容は表示されないのでリーチ効率がよいのがメリットです。

そして必ず一番上あるいは一番下に表示されるのも特徴です。目につきやすい場所へ表示されることで、短期間にブランド認知や集客効率を高められるメリットがあります。リスティング広告にはオークション形式でお金が掛かりますが、それでもマーケティング効果を考えると利用したい企業が多いのが実情です。

そしてテープ起こしにおいても複数の業者がリスティング広告へ出稿しています。通常の検索結果(オーガニック検索結果)は長期的に流入が見込めるメリットがありますが、検索エンジンのアルゴリズム変更といった要素で順位が変動してしまいます。その点リスティング広告ならば上位へ表示されて集客できる可能性が高まるので、コストを掛け過ぎるのはよくありませんが効率よくお客様へ自社のことを知ってもらえる魅力があるのです。

そしてテープ起こしはお客様が遠方に住んでいても受注は可能になっています。この辺の理由もリスティング広告で複数テープ起こし業者がヒットする原因になっていそうです。

以前には悪質な事例も!リスティング広告で気になるテープ起こし業者がヒットした際に気を付けること

もしリスティング広告に気になるテープ起こし業者が発見できても、すぐに問い合わせするのは危険です。

以前にはテープ起こし業者ではありませんが、水道業者がリスティング広告を使って消費者ファーストではない集客を行っていました。この水道業者はリスティング広告を活用して大手業者より上位に自社情報がヒットするように調整していました。そして利用者に高額な請求をしたりとトラブルになるような行為を起こしてメディアに取り上げられています。

被害者はリスティング広告を広告と認識しておらず、上位に表示されたという理由で連絡を取ったそうです。このようにリスティング広告は検索結果になじむ分、気を付けないと広告と認識できずに被害に遭遇する危険を秘めている点に注意しましょう。

具体的にはすぐに連絡せずにまずは公式サイトがあるか調査して実績や運営情報などを収集します。安心そうであれば依頼を掛けてみましょう。

  • 大手企業が取引先に入っている
  • プライバシーマーク取得済みである
  • 料金プランが明瞭である

といった点を確認できると安心です。

まとめ

今回はテープ起こし業者が検索結果に広告で複数ヒットする原因や注意点を解説してきました。

テープ起こし業者が広告で検索結果にヒットするのは、リスティング広告枠に情報が表示されているからです。リスティング広告は集客効率などでメリットがありますが、トラブルを起こしている業者も混じっている可能性があるので注意しましょう。

弊社はプライバシーマークを取得しており、大手企業様とも取引実績があります。ぜひテープ起こしに課題がある方はご相談してみてください。