データ入力がメインならば安いモデルでも十分!テレワークで中古パソコンを活用しよう

2021/02/03

テレワークにおいてデータ入力用のパソコンを用意する場合、「中古では心配だから新品を5万円や10万円くらい出して購入しよう」と思う方もいらっしゃるでしょう。しかし中古パソコンを何となく危険だと思って手を出していない方は損をしているかもしれません。

中古パソコンのスペックは最新のパソコンには及びませんが、データ入力程度の作業ではスペックが十分な場合も多く1万円せずに手に入るモデルもあります。

今回はテレワークで使う業務用パソコンの導入費用をなるべく安く済ませたい方向けに、中古パソコンを文字入力へ使うメリットや間違いのない選び方などをご紹介していきます。

信頼できるメーカーから購入すれば安心!テレワークで中古パソコンを使うメリット

テレワークのデータ入力に新品のパソコンを使うのもよいですが、データをキーボードで入力して画面へ反映させる作業はパソコンにあまり負担を掛けません。プログラミングでコードを入力してアプリ開発などをしている場合は処理が重くなりますが、通常のデータ入力の場合は新品パソコンがオーバースペックなケースも多いです。

中古パソコンを選んで購入すると、手ごろな値段でデータ入力に耐えうるパソコンがすぐ用意できて便利です。コンディションがよければ新品のように3年も5年も楽々使える可能性があるのもメリットになっています。

スペックの見方などを覚えよう!データ入力で使う中古パソコンの選び方

ここからは中古パソコンの選び方をご紹介していきます。

PCモデルやCPUやメモリなどのスペックを確認

もし業者がPCモデルを直接指定してパソコンを販売している場合は、そのPCモデルのスペックが書かれた公式資料(PCモデルのブランドページやPDF資料、価格comなどの比較サイトなど)へアクセスして細かいスペックを確認してみましょう。あまりにも古いモデルの場合は避けると安心です。

また届くモデルがランダムな場合も、最低CPUとメモリは確認してみてください。

CPUについては「Intel」のケースが多いですが、第3世代以降のモデル(第3世代Core i7などと表記されたモデル)を購入すると安心できます。第2世代以前のIntel CPUではWindows10での動作保証が終了しており、正常な動作が保証されていないためです。詳しく分からない場合はショップに問い合わせるか、型番が書いてある場合インターネットで発売時期をチェックしておきましょう。

メモリについてはデータ入力程度に使うのであれば2GB程度でも十分ですが、資料を広げたりとマルチに作業する場合は4GB以上あると安心です。またもし動画編集といった重い処理を行う場合は8GB以上のモデルが推奨されます。

他にも

  • 必要な端子が搭載されているか
  • CD/DVDドライブが内蔵あるいは外付けで用意されているか
  • WI-FiやBluetooth機能が搭載されているか

などもチェックしておきましょう。

モデルのコンディションレベルを確認する

中古パソコン販売業者は、

  • A:外見もきれいで動作にも全く問題ない
  • B:外見に多少傷はあるが動作に影響なし
  • C:外見に傷が目立ち動作にも影響あり

といったように中古パソコンにランク付けをして公表しています。

このため事前にパソコンのコンディションをチェックしてから購入するとハズレを引く可能性が減少するのがポイントです。業者がどのようなランク付けをしているか確認して、最低外見に傷があっても動作に影響がないモデルを購入するようにすると心配がないでしょう。

説明が間違っていたり中途半端なショップからは購入しない

ネットショッピングで中古パソコンを購入する場合、モデルのスペックの説明が間違っていたり「CoreやCeleron相当」といったようにCPUの世代を説明していない業者もいます。十分な説明がない状態で中古パソコンを購入してしまうと、後で業者間とトラブルになる可能性もあるので危険です。またあいまいな説明しかしない業者はそもそもパソコンに対して知識や技術がない可能性もあるので、サポート面に不安があります。

このため説明が余りにも間違っていたり中途半端だったりするショップからはなるべく中古パソコンを購入しないようにすると安心です。また説明に納得がいかない場合は、各ネットショッピングサービスのお問い合わせからショップに質問してみてください。よい業者の場合すぐに詳しい返答を返してくれます(数日程度時間が掛かる場合もありますが、こちらを不快にさせないような返答をしっかり返してくれる業者は信用できます)。

まとめ

今回は中古パソコンをテレワークのデータ入力時に使うメリットや選び方などを解説してきました。

テレワークでデータ入力中心にパソコンを使う場合、スペックが動画編集や画像編集といった処理に向くモデルでなくても十分活用できます。中古パソコンをネットショッピングなどで選んで購入できるとよい買い物が可能です。

ぜひ中古パソコンを見極める力を身に付けてデータ入力用に購入してみてください。