【Windows10編】覚えると文字入力の作業も効率化可能!ショートカットキー一覧

2021/02/05

パソコンには

  • Windows
  • Mac
  • Linux

といったようにさまざまなOSが用意されていますが、特に「Windows」は「Microsoft」社製のOSとしてビジネスで広く活用されています。

文字入力においてもWindows、現状では「Windows10」を活用されている方は多いです。Windows10を利用する場合マウスやキーボードを手当たり次第に操作して文字入力を行うのではなく、ショートカットキーを覚えて作業に活用できると無駄な作業がなくなり業務効率化が狙えます。

今回はWindows10搭載パソコンで作業の無駄をなくしたい方へ向けて、Windows10で使えるショートカットキーを厳選してご紹介していきます。

ショートカットキーを普段使いするとかなりの時間削減に!メリットを解説

パソコン初心者でもマウスをドラッグ&ドロップしたり、キーを見ながらキーボードを入力すれば文字入力はこなせます。しかし効率性で言うと時間の無駄が多く作業負担も掛かってしまいます。

文字入力を効率化する上では、まずキーボードを見ずにタッチタイピングできるようにするのが重要です。そしてショートカットキーを覚えてWindows10上で使えるようになれば、初心者だったころより何倍も作業効率性が向上する可能性があるのもポイントになります。

ショートカットキー1つで削減できる時間は数秒ですが、何十回も何百回も使っていると2時間、3時間と削減時間が増えていきます。

これだけは覚えよう!Windows10で積極的に使いたいショートカットキー一覧

ここからはとりあえず覚えておきたい、利用頻度の高いWindows10ショートカットキー一覧をご紹介していきます。

  • Ctrl + X:選択した内容を切り取る
  • Ctrl + C:選択した内容をコピーする
  • Ctrl + V:選択した内容を貼り付ける
  • Ctrl + Z:操作を1つ前へ戻す
  • Ctrl + Y:操作を繰り返す
  • Alt + Tab:動作中のアプリウィンドウを切り替える
  • Alt + F4:操作しているソフトウェア(Windows10を含む)を終了させる
  • Windowsキー+L:パソコンをロックしてロック画面を表示させる
  • Windowsキー+D:デスクトップ画面を表示する、あるいは非表示にする
  • F2:選択したファイル名などを変更するモードに切り替える
  • Windowsキー+Shift+S :指定した画面領域を切り取る

Ctrlキー系のショートカットキーはExcelなどのソフトウェアでも使えます。また他のショートカットキーはWindowsで操作するソフトウェアの操作を効率化してくれたり、パソコンを使う上でのセキュリティ性を高めたりしてくれます。

まとめ

今回はWindows10で使えるショートカットキー一覧を解説してきました。

ショートカットキーの利用を当たり前にすれば、Windows10搭載のパソコン上で文字入力する時間に無駄がなくなり作業負担も減ります。

ぜひ普段の作業にショートカットキーを取り入れられるように練習をしておきましょう。