入力代行の見積り時に確認しておきたいこと

2019/04/23

入力代行サービスを利用しようと考えた時、まずは見積もりを依頼しますよね?

では見積もりを依頼したとき、どのようなことを注意して確認すればいいかご存知でしょうか?

業者によって金額も様々ですし、料金の計算方法も違います。そこで今回は、入力代行を利用する際の見積り時に確認しておきたいことについてまとめました。

 

 

 

料金はリーズナブルか?

まず確認しておきたいことは、もちろん料金がリーズナブルかですよね。作業料金は安いにこしたことはありません。通常、料金は項目に応じて決められています。データ入力であれば一文字〇〇円だったり、名簿入力であれば基本4項目〇〇円というかんじです。

あまり入力代行を利用したことがなく、相場がわからない場合はいくつかの代行業者に依頼し、見積もり金額を比較したり、事前に相場を調べておく必要があるでしょう。

 

 

記載されている金額は概算ではないか?

入力代行に見積りを依頼する場合、最終的にかかる金額がわかりずらいときが多くあります。場合によっては追加料金が発生する可能性もあるでしょう。見積りの金額を大幅に超えてしまうのはとても困まりますよね。

そのようなことのないように見積りを確認する場合は、記載されている金額が概算ではなく追加料金が発生しない最終的な金額か確認しましょう。業者によっては追加料金が発生しない、全て込みの金額を設定しているところもあります。

もし、概算での見積り金額であれば最終的にはどのくらいの費用になる可能性があるか、しっかり確認する必要があります。そうすることにより想定していた金額を超えることもなくなるでしょう。

 

 

 

 

希望の納期に間に合うか

入力代行を利用する場合、もちろん希望納期があると思います。見積もりを依頼する場合も希望納期を伝えるでしょう。しかしそこで注意したいことは、見積もり時の納期よりも遅れてしまうケースがあるということです。

納期が遅れてしまうほとんどの原因は元データにあります。元データの状態が悪かったり、専門的な内容が多く、理解に時間がかかってしまうような場合です。そのようなことを未然に防ぐためにも、見積もりを依頼する場合は事前にサンプルデータを代行業者に渡し、状態を確認してもらい正確な納期を教えてもらいましょう。

 

 

 

納品はデータ形式?アナログ形式?

できあがったデータを納品する場合、データ形式のままメールなどで納品される場合と、ディスクなどに書き出したり、紙媒体に印刷して納品される場合とに分かれます。もしデータ形式の場合であれば費用を発生しませんが、アナログ形式で納品される場合、別途送料が発生するでしょう。納品される量が多くなればなるほど費用も大きくなります。

納品形式を変更することにより費用を抑えられる場合もありますので、見積りを依頼する場合はしっかりと確認しましょう。

 

 

まとめ

今回は入力代行の見積り時に確認しておきたいことについてまとめました。

入力代行の見積りはわかりにくい場合が多いと思いますが、今回ご紹介した内容を確認し良心的な入力代行業者を見つけましょう。