[Photoshop]美しい画像切り抜きにはパスの活用がおすすめ!

2021/05/27

世界中で支持されている「Photoshop」。

画像の加工・編集のプロやイラストレーターなど、画像に関わるプロの方は特に「Photoshop」ユーザーが多いでしょう。

数ある優れたPhotoshopの機能の中で、精密な画像切り抜きを実現するツールが「パス」です。

パスの活用によって、非常にキレイな輪郭で画像切り抜きができます。

本記事では、パスやパスが向く画像のタイプを解説します。

パス以外のPhotoshopで使える画像切り抜きツールも紹介するので、ぜひ参考になさってください。

画像切り抜きにおける「パス」とは?

「Photoshop」で画像切り抜きを行う際に、ペンツールなどを用いて描く補助用の線を「パス」と呼びます。

抽出した画像にパスは表示されません。

物の境界線の輪郭を滑らかにできたり、キレイな画像切り抜きを実現するので、パスの利用はおすすめです。

ただし、ペンの利用が苦手な方は事前の練習が必要でしょう。

おすすめは曲線ペンツール

シェイプツールや他のペンツールでもパスを引けますが、特におすすめは曲線ペンツールの使用です。

画像切り抜きの微調整ができるので、こだわりながらパスを引くことができるでしょう。

自動選択ツールを使うと速い

被写体と背景のコントラストがはっきりしている場合は、自動選択ツールを活用しましょう。

自動選択ツールは、あっという間に画像を切り抜いて背景を透明にします。

人物には「境界線を調整」機能

画像の人物だけを切り抜く場合は、「境界線を調整」で簡単に作業できます。

ただし「境界線を調整」機能は「PhotoShop CS5」で追加された機能なので、古いバージョンでは利用できません。

パスに向く画像のタイプとは?

すべての画像切り抜きにパスは向いています。

しかし自動選択で画像切り抜きできる写真にパスを行うと、時間がもったいないでしょう。

反対に、工業製品や建物などの直線的な箇所の画像切り抜きには、パスの利用が最適です。

カバンを始めとしたファッションアイテムの画像切り抜きにも、パスは活躍するでしょう。

まとめ:Photoshopはおすすめ!でも大量であれば外注しよう

Photoshopでのエレガントな画像切り抜きを実現する機能「パス」について解説しました。

美しい画像加工や編集に定評があるPhotoshopを活用して、よりキレイな画像を作成しましょう。

しかし大量に加工する画像がある場合は、外注の検討をおすすめします。

外注する方がコア業務に注力できるだけでなく、費用的にも安く済む傾向があるためです。