Photoshop(フォトショップ)で画像の切り抜きができない時の対処法

2019/08/06

画像の切り抜きを自分でしようとした時、一番最初に思い浮かぶソフトはフォトショップですよね。画像の切り抜きはもちろん、コントラストを調節したり、画像をリサイズしたりと、画像に関することならあらゆることができるソフトです。

そんなフォトショプですが、ある程度操作に慣れていないと、いまいち操作がわかりにくかもしれません。そこで今回は、フォトショップで画像の切り抜きができない時に参考になるよう、可能性がある原因と対処法をいくつかご紹介したいと思います。

 

 

deleteキーを押すと塗りつぶしが表示される

「deleteキー」押すと、オブジェクトを消すのではなく、塗りつぶしが表示されてしまうことはないでしょうか?そのような表示が現れてしまう原因は、「レイヤー」が「背景」に設定されてしまっていることが考えられます。背景の状態ですと、レイヤーではないので切り抜きができません。そんな時は「背景」を「レイヤー」に変更することで解決できます。

方法は、画面下のレイヤーパネルを確認します。するとレイヤーの名前が「背景」になってしまっていると思いますので、ダブルクリックをしてから名前を変更します。こうすることで「背景」から「レイヤー」に変更することができます。

 

 

スマートオブジェクト化してしまっている

切り抜きができない原因の一つとして、スマートオブジェクト化してしまっていることも考えられます。切り抜きの操作をした時に、「要求された操作を完了できません。スマートオブジェクトを直接編集することはできません」という表示が出てしまった場合は、スマートオブジェクト化が原因と考えられます。

このような時にも、まずはレイヤーパネルを確認しましょう。スマートオブジェクト化してしまっている場合は、レイヤーのアイコンにもう一つ別なアイコンが重なっていると思います。このアイコンが表示されている時は、スマートオブジェクト化している状態になりますので、アイコンを選択した状態で右クリックをします。すると「レイヤーをラスタライズ」という項目が表示されますので、選択します。これで、重なっていたアイコンが消え、スマートオブジェクト化が解除されますので、画像の切り抜きができるようになります。

 

 

 

 

レイヤーがロックされている

レイヤーがロックされてしまっている場合にも、画像の切り抜きができなくなります。レイヤーがロックされているかの判断は、レイヤーパネルを確認し、右端に鍵のマークが表示されている場合は、画像がロックされてしまっていることになりますので、ロックを解除する必要があります。

方法は、レイヤーを選択した状態で右クリックをします。すると、「レイヤーをロック」という項目が表示されますのでこちらを選択します。選択すると、いくつかのチェック項目が表示されますので、全てのチェックを外します。チェックを外して段階で、鍵のマークが消えると思いますので、これでレイヤーのロック解除ができました。

 

 

切り抜きツールが見当たらない

切り抜きツールは基本的には、画面左のアイコンが並んでいる中にありますが、場合によっては表示されていないこともあります。そのような時の対処法をご紹介します。

切り抜きツールは、他にも「遠近の切り抜きツール」「スライスツール」「スライス選択ツール」と同じアイコンのグループになっていますので、そのどれかが表示されている場合は、隠れてしまうようになります。そのような時は、表示されているどれかの項目を選択して、右クリックをします。すると隠れている全ての項目が表示されますので、その中の「切り抜きツール」を選択すれば、切り抜きツールを使うことができるようになります。

 

 

まとめ

今回は、フォトショップで画像を切り抜こうとした時の、トラブルとその解決方法をいくつかご紹介しました。画像の切り抜きはとても幅広く使う技術になりますので、今回の記事を参考にして、効率よく作業をしましょう。

しかし、どうしても自分でできなかったり、とても大量の画像を切り抜かなければいけない時は、無理をせずに、専門の代行業者を上手に活用しましょう。